トムプロジェクト

2015/08/31
【第726回】

8月も今日で終わり。子どもたち、学生さんにとっては、明日から学校やで...行きたくない人、早く友達に会いたい人、人それぞれだとは思いますが、なにやら自殺者も多い季節らしい。一生バカンスだったらどれほど幸せなことか、いや、どうやって時間費やしたらいいのか困っちゃう人もいるらしいから、この判断は難しいところですな。間違いなく言えることは、このお堅いジャパニーズシステムは、人生にとって一番美味しいところである≪遊び心≫を軽視する傾向にあり、社会と人間関係を、ややこしくしてますな...
遅まきながら、「フォックスキャッチャー」観てきました。この作品は1996年のデイブ・シュルツ殺害事件を題材としており、監督は「カポーティ」や「マネーボール」などの作品で知られるベネット・ミラー。いやいや、アメリカ映画の底力を感じました。三人の主役の役の入れ込み方が半端じゃありません。金メダリストを取った二人のレスラー役、チャニング・テイタムとマーク・ラファロは、誰が見ても本職のレスリングの選手に見えます。あのロバート・デニーロが「レイジング・ブル」で、引退後のシーンのため体重を25キロ増やしてまで破滅型の主人公を演じきったことを思い出しました。ホンマモンの役者はこれですよ。日本の役者は甘いですな...時代にあった服装、ヘアーメイクしてくださいな。戦時中に、あんな頭髪ありますか?あんなおべべありますか?もうそれだけで、観客をなめてかかってるとしか思えませんことよ。
この映画の最高の見所は、アメリカの財閥一員で、殺人を犯すジョン・デュポン役を演じたスティーブ・カレルの演技。無表情の中に人間の嫉妬、憎悪、孤独、悲しみ、喜悦、狂気がまるで万華鏡のごとく見え隠れする様は鳥肌がたつ思いであった。経歴をみると、なんとコメディアン...こりゃ、日本の役者はかないません...

726.jpg最後の夏祭り

2015/08/28
【第725回】

知人の長島晃さんから、核兵器と戦争のない平和な世界の実現を願う2015広島―長崎リレーマラソンの完走便りが送られてきました。8月6日広島原爆ドーム8時15分に黙祷し、9時にスタート。長崎まで423、4㎞を駆け抜けるピースランである。ゴールは8月9日、長崎原爆投下中心地公園に11時まで。11時2秒に黙祷。いやいや、こんな形の平和アピールもあるのでございます。途中、苦しくなったときには、あの日あの時、地獄の時間を彷徨い死んでいった人達のことを思うと、この時間、平和な国で走れる喜びを噛みしめ、自ずから疲れた身体も精気を取り戻すのではないでしょうか...このリレーには、己の身体を駆使し、共に核と戦争のない平和な世界を願う襷をバトンタッチしながら駆け抜けていく行為に、まさしく壮大なアクションを感じます。
長島さんが、このリレーマラソンに、こんな言葉をコメントしています。「走ることが好きです。走ることで少しでも世の中のためにならないかと心のどこかで考えていました。昨年、長崎の山王神社で祈り捧げている年老いた姉妹から当時の悲惨な状況を伺うことが出来ました。そして、この大会に参加してくれたお礼もいただきました。人のために走りたい。私が走ることで、誰かの希望になっているのだと思った。」なんて素晴らしいコメント。人のために走りたい!なかなか言えませんね...世のため人のため、こんな考えの人が段々少なくなった昨今、ほんなごつ貴重、希少な言葉でございます。


725.jpg

夏も終わりだね...

2015/08/26
【第724回】

昨日、事務所の下にあるファミリーマートの前で、4人の男女が大きな声で話しながら飲み食いしていました。聞こえてくるのは懐かしきスペイン語、早速「どこから?」やはりスペインからの旅行者でした。おいらも3年ばかり住んでた話をすると、彼らのテンションは一気に上がり周囲の人がびっくりするほど、ほんまにスペイン人は陽気でございます。おいらが、アンダルシアの小さな村サロブレーニャに暮らしていたことで彼らは更にヒートアップ。彼らも、アンダルシアの中でも最も西にあるウエルバから15日のバカンスで日本に来たとのこと。東京、京都、大阪を観光し、今から成田空港に向かい帰国するところでした。美人のセニョリータがおいらに「なんで、又スペインで住まないの?おいでよ...」黒い大きな瞳を輝かせながら言い寄ってきました。スペイン人もお調子ものが多いのだが、日本のラテンとも言うべき博多出身のおいらを見抜いてのお誘いだろう。それにしても、スペイン人のおおらかさは得難いものでございます。国の発展なんぞは何処吹く風、その日一日が楽しく愉快であれば、それでよし。快楽天国を十分に味わい尽くそうという精神見事でございます。最後にセニョリータが、お互いの右の頬をくっつけて、口で「チュッ」と音をたてるキスの挨拶ベシートを要求してきました。いやいや、久しぶりのベシート、すっかり興奮してしまい彼らの写真を撮るのも忘れてしまいました...

724.jpg

スペインアンダルシア


2015/08/24
【第723回】

新宿はゲリラ部隊の戦場です。禁止告知の看板なんかクソ食らえ!夜毎、お巡りさんの目を盗んで路上ライブを決行中。なかなかよござんす、これが許されてはじめて国際都市ってもんです。海外に行きゃ路上ライブは、街を活性化させる風物詩でございます。疲れたおっさん、日常に麻痺した兄ちゃんねえちゃん、いけいけどんどんの若者の叫びを聞きましょう、聴いて、見てれば何か感じるんじゃございません。何かに悩み、言いたいことも言えず我慢してる皆さん、彼らみたいに自己表現すりゃいいんです。そりゃ、なかには、きみきみ人前で歌うレベルじゃないでしょう...なんて若者も居るのだが、許してあげましょう。自死、犯罪の道に走るよりは、どれほど健全なことか。
この日も、可愛い娘さんが可憐な声でセンチな歌をギターの弾き語りで歌っていました。華奢な身体ながら全身を振り絞り、道行く人に程よいアピールが効いたのか、二重の輪が出来ていました。顔ぶれはというと、おっさんがほとんど...おっさんは疲れています、癒されたいんです。職場でも、家庭に帰っても居場所がないおっさんにとっては、路上の歌姫こそ憧れのエンジェルに見えるんでしょうな...エンジェルの最後の曲が終わると、3、4名のおっさんが自主制作のCDを買い、サインをねだっていました。芸能の世界を乗り越え、救済の道に踏み出したこの光景は間違いではありませんことよ...汚辱に満ちた何処ぞの世界より、どれほど美しいことか...

723.jpg

新宿の歌姫

| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |