トムプロジェクト

2015/08/31
【第726回】

8月も今日で終わり。子どもたち、学生さんにとっては、明日から学校やで...行きたくない人、早く友達に会いたい人、人それぞれだとは思いますが、なにやら自殺者も多い季節らしい。一生バカンスだったらどれほど幸せなことか、いや、どうやって時間費やしたらいいのか困っちゃう人もいるらしいから、この判断は難しいところですな。間違いなく言えることは、このお堅いジャパニーズシステムは、人生にとって一番美味しいところである≪遊び心≫を軽視する傾向にあり、社会と人間関係を、ややこしくしてますな...
遅まきながら、「フォックスキャッチャー」観てきました。この作品は1996年のデイブ・シュルツ殺害事件を題材としており、監督は「カポーティ」や「マネーボール」などの作品で知られるベネット・ミラー。いやいや、アメリカ映画の底力を感じました。三人の主役の役の入れ込み方が半端じゃありません。金メダリストを取った二人のレスラー役、チャニング・テイタムとマーク・ラファロは、誰が見ても本職のレスリングの選手に見えます。あのロバート・デニーロが「レイジング・ブル」で、引退後のシーンのため体重を25キロ増やしてまで破滅型の主人公を演じきったことを思い出しました。ホンマモンの役者はこれですよ。日本の役者は甘いですな...時代にあった服装、ヘアーメイクしてくださいな。戦時中に、あんな頭髪ありますか?あんなおべべありますか?もうそれだけで、観客をなめてかかってるとしか思えませんことよ。
この映画の最高の見所は、アメリカの財閥一員で、殺人を犯すジョン・デュポン役を演じたスティーブ・カレルの演技。無表情の中に人間の嫉妬、憎悪、孤独、悲しみ、喜悦、狂気がまるで万華鏡のごとく見え隠れする様は鳥肌がたつ思いであった。経歴をみると、なんとコメディアン...こりゃ、日本の役者はかないません...

726.jpg最後の夏祭り

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |