トムプロジェクト

2015/10/05
【第739回】

おいらが通勤で使う井の頭線での奇妙な風景...65歳くらいの上品な叔母様です。駅に向かう途中で良く出逢うのですが、背筋もしゃんと伸び元気に歩いている左手には何故か杖を持っているんです。こんなに元気なのになんでかしら?そのわけは駅の改札口近くで解明されました。改札口近くになると杖の出番なんです。少し足をいたわるかのような仕草で改札を通過し、エレベーターに乗り駅のホームに向かいます。年齢と、杖に頼るこのポーズであれば誰しもが、お身体が少々悪いご婦人だと思いますよね。電車が到着し、当然優先席の近辺に位置します...優先席が空いていれば問題なく座ればいいんですが、そうでない場合は、勿論、座っている人はバツが悪くて座席を譲るのが至極当たり前。ところが、この日ばかりは、若年層も含めて誰もふんぞり返って譲ろうとしません。おいらは、このご婦人の顔を見ましたよ...いやいや、不満そうな表情で、まるで世の中の非情を嘆き悲しんでいる顔をしていました。「ああ無情!誰がこんな日本にしてしまったの...」叔母さん、あんたがそうしたんや...と言いたいところだが、なんとも奇妙な感覚に襲われました。この叔母さんの心意もどうやろか?その作為に何故か大きな歪を感じ、悲しい気持ちになってきました。この行為に至る叔母さんの現在の環境、生きてきた由来が、なんとも痛ましい。この世の中、いろんな意味で、悪しき創意工夫をしながらでも生きなきゃならない時代になってきたのかも知れませんね...

739.jpg

レトロなマッチ

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |