トムプロジェクト

2016/02/29
【第789回】

先週の金曜日、「砦」横浜で幕を開けました...今回もアクシデントがありました。稽古も大詰めを迎えた2月19日、出演者のカゴシマジローが腰を痛め降板、あちゃ!本番を6日後に控えてえらいこっちゃ、急遽、劇団桟敷童子の原口健太郎を起用し総力戦となる。生ものの怖さを痛感しとります...でもでも、演劇の神様はトム・プロジェクトを見捨てません。勿論、原口君の命懸けの稽古により26日の横浜公演は無事終えることが出来ました。「南阿佐ヶ谷の母」に続いてのアクシデント、厄払いでもしなきゃならんのかいな?この日は村井國夫さんも風邪をひき満身創痍の状態での舞台であった。しかし、役者の魂は幕が開くと同時に会場に轟き響き、観客のハートを鷲摑みしてしまいました。表現者は、いついかなる状況であろうとも、かぶき者となって舞台を相務めることがすべて。そんな覚悟をもった役者さんと一緒に仕事が出来てしあわせもんでございます。

心配ばかりしてもしよんなかと、近くのjazz喫茶で一服。横浜は多くのjazzプレーヤーを育てた街。中でも1933年開店、日本最古のjazz喫茶「千草」に行きました。2007年に閉店したのだが、野毛に移って2012年に再開。往年のjazzファン只今勉強中の若輩者入り乱れて熱心に聞いていましたな...店の人がリクエストをどうぞと2冊の分厚いリクエストブックを持ってきたので、ジム・ホールの「アランフェス協奏曲」リクエストしました。ジム・ホールの哀愁感たっぷりのギター、ロン・カーターのベース、チェット・ベーカーのトランペットたまりませんばい!数年前ジム・ホールが亡くなる前に行ったサントリーホールのライブが懐かしい。Jazz喫茶であれば、いつまででも居れるのだが、夜の公演があるのでひとまず店を後にしました。

舞台とjazz,どちらも命懸けでプレーしとります。

789-1.jpg

789-2.jpg

生きてる間はやっててネ

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |