トムプロジェクト

2016/06/17
【第830回】

昨日は、おいらの昔の芝居仲間であり、今はギネスブックにも掲載されている名店「しぇりークラブ」(銀座と京都にあります)のオーナーである高橋美智子さんがスポンサーである番組のゲストということで収録に行って参りました。地下鉄京橋駅直結、3年前に建てられた24階建てのビル、東京スクエアガーデンにあるスタジオに向かったのだが、日々変貌する都市のスピード感に圧倒されました。出店しているお店も皆こじゃれた飲食店ばかりで、今度来てみようかな...なんて気になる店ばかりでした。高橋美智子さん、おいらはミーコと昔から呼んどります。出会った頃は、それはそれは可愛い娘さんでした。小柄でクルリとした瞳に、歯に衣着せぬ発言をズバズバ発する、当時アングラ人気劇団の早稲田小劇場の看板女優でした。映画の主演にも抜擢されるほんまに魅力ある女性であったんですぞ...おいらとは演劇群「走狗」で7年ばかりテント芝居をやりながら全国を巡演してました。小柄な体ながら全身リポビタンDファイト一発!で途中挫折しそうな軟弱な男にはっぱ掛けとりました。そんな気力で、しぇりークラブを切り盛りしたんでしょうね。京都にあるお店は祇園の近く石塀小路にある蔵を改装したなかなか粋な店でございます。あの薄暗い灯りと石畳の小路を歩いてるだけで、ほっこりしますがな...京都に行ったら是非あがってみんさいな。

この日は二週分の収録で、おいらのお気に入りの曲を二曲かけてもらえるというので最初の週はJAZZ。一曲目はデューク・ジョーダンの「フライト・ツゥ・デンマーク」。二曲目はマッシモ・ファラオ・トリオの「懐かしのストックホルム」。こんな曲聴きながらシェリーを飲むと気分は最高ですよ!なんてお店の宣伝に繋がる話をするところなんて友達思いですな。二週目はスペインの話ということで、スペインに住んでた時にラジオから頻繁に流れていたフラメンコの伝説的な歌い手カマロンの歌をかけてもらいました。天才ギタリスト、パコ・デ・ルシアとの歴史的共演のCDから「COMO EL AGUA」(水に流して)「GITANA TE QUIERO」(ヒターナ、おまえを愛す).ミーコちゃんからスペイン生活のあれこれを聞かれたもんで、たくさんありすぎエピソードのなかから選ぶのが難しかったですがな。進行役の岸本さんの乗せ上手もあって、何とか楽しく二週分を取り終えることが出来ました。トム・プロジェクトの芝居の宣伝もしてくれてありがとう。そして何よりも嬉しかったのは帰り際にミーコが、おいらが大好きなシェリー「フィノ・キンタ」をプレゼントしてくれたこと。おいらがスペインに住んでた時に、いつも枕元に置き寝酒に愛飲してた代物でございます。ところで、この番組いつ流れるのかしら?興味のある方は下記のところに問い合わせてくださいませ。

 

中央FMラジオ番組
  「Salud ! Jerez ようこそ!しぇりークラブへ」
毎週・月曜日 20:00~20:29(本放送)
毎週・土曜日 19:00~19:29(再放送)
出演:高橋美智子(しぇりークラブ代表)
進行:岸本美智子
↓WEBからも聴くことができます。↓
http://www.simulradio.info/#kantou

 830-1.jpg

84.0 Radio City

830-2.jpg

ミーコと岸本さん

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |