トムプロジェクト

2016/06/20
【第831回】

何やってんだ!田辺監督、潮崎ヘッドコーチ、あんたらのへぼ作戦でまたもや5連敗。今シーズン沈みっぱなしのライオンズに喝を入れるため貴重な日曜日の昼間、神宮球場に参上いたしました。それにしても、昨年の13連敗という惨めな記録を作りBクラスにさせてしまったお地蔵監督(ベンチで黙って座り込んだままの指揮にはホトホト)を続投させ、毎年ガラクタ外人を連れてきては反省もしないフロント。あのかっての強いライオンズを、ここまでしちゃ長年のライオンズファンはたまらんですばい...昔のライバルチーム、ソフトバンクホークスがあまりにも強いので、そりゃ見ちゃおられんですばい。親会社にお金がなくても、今年首位を行く広島カープがうらやましかですたい。ライオンズだって魅力あふれる若き獅子がいるのに、それらの選手を上手く使いきれないお地蔵さん自らやめて頂戴な。人間には向き不向きがございます(二軍の打撃コーチなら最適)。それを知りながら無責任に押し付けたフロントのばかちんには腹が立ちますが、ここはファンあってのプロ野球ですから潔く...

そんな日々の思いを抱きながら神宮球場に...チケット少しは余裕あるのかなと思いきや、外野自由席、バックネット見キレ席しか残ってないとのこと。外野席はおいらは好きませんな...ライオンズの攻撃になると全員が立ち上がり飛び上がるわ、走るわ、合唱するわ、そりゃかないませんわ...本場アメリカみたいに、鳴りものなしで観客が自由に己の感情のままに応援している姿を見習ってほしゅうございますがな。うるさいったらありゃしない!敵も味方もいいプレーしたら拍手喝さいなんて光景をアメリカの屋根なし球場で拝見してるとなんともうらやましい。

ところで見キレ席なんぞは初めての体験。バックネット真後ろの2階席で屋根を支えるポールが4本ばかりあり、場所によってはポールが邪魔になるというわけで設定した席でございます。ちなみに料金は¥3200。おいらの席はそんなに気にならないどころか、全体を見渡せる絶好のポジションでした。隣の五十代のご夫婦が、おいらが一人なので気軽に声をかけてくれ、三人でライオンズの勝ちを信じ手のひらが痛くなるほど応援しました。この日も、昨日リリーフ失敗した野上投手が出てきて、このアホベンチ何考えてるんや?と心配したのだが、何とか塁審に助けられ(際どいジャッジをライオンズにとって有利な判定をしてくれはったんですわ)6連敗を免れましたとさ。おいらが60年ライオンズ一筋のファンだと言ったら、この二人びっくりたまげておりました。三人で勝利を祝して喜びの握手をして球場を後にしました。この日負けたら、監督の出待ちして「いい加減にしろ地蔵!」と一発過激なヤジでも飛ばしたろかと思ったのですが、幸い勝ちましたのでテロリストまがいな行動を慎むことができましたのでございます。

831-1.jpg

おいらの席からの球場

831-2.jpg

一塁側(ヤクルト)

831-3.jpg

三塁側(ライオンズ)

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |