トムプロジェクト

2016/07/13
【第841回】

「百枚めの写真」いよいよ地方公演が始まりました。安保法案、憲法改正などなど、なんだか70数年前の空気に近づいている感がしますが...でも、この国の人、なんだかこの日本国がまさか戦争なんてことに巻き込まれるなんてあり得ない...戦前も、そんな状況の中じわじわと外堀を埋めながら戦争に突入しました。あり得ないことがあり得るのが権力を握っている輩の常套手段でございます。

おいら、演劇を生業としてるもんですから、何とか芝居のチカラで戦争がいかに虚しいものであるかを伝えたいと思っとります。早速、一昨日、京都の公演に行ってきました。伏見区にある呉竹文化センターには多くの観客が集まってました。京都労演の主催で、会員さんが集めた戦中の家族の写真が何枚も掲示板に貼られていました。出征時の写真、今もって行方が分からない息子の写真などなど、セピア色した写真を見ているだけで涙がちょちょ切れてきます...戦地から帰り、国のため、家族のため、生を全うしたかったに違いない...とんでもない一部の権力者のために300万の人たちが亡くなったことは決して忘れてはいけません。なのに、新たな権力者は、私利私欲のための歴史を作り後世に残すことに躍起になっとります。この悲劇を繰り返さないためにも、おいらも含め創造力を駆使して、なんとか戦争に加担しない国を形成しなきゃいけまっせん。

終演後、地元の伏見の酒を主催者、出演者と夜が更けるまで堪能しました。こうやって芝居やれるのも、美酒に酔いしれるのも平和があってのことですばい。

841.jpg

七月の夕景

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |