トムプロジェクト

公演情報 過去の公演情報

ashita_tom.jpg

otoko19_rogo.jpg


【作・演出】水谷龍二
【出 演】宇梶剛士 山崎銀之丞 朝倉伸二

※トム・プロジェクト主催の東京公演はありません。
詳しくは下記の公演スケジュールをご覧ください。

introduction

このオジサンたち"恋"してます?

一般的にオジサンというと三十代から四十代、五十代後半までであろうか。
オジサンと判定される項目としては、
「疲れやすくなった」
「お腹が出てきた」
「物忘れが増えた」
とか、または
「食後に必ず爪楊枝を使う」
「おしぼりで首を拭く」
「LINEの文章が下手」
などなど。
五十代ともなれば男としてまだまだ花を咲かせたいと思う一方、もはやこれまで、
そろそろ老後の心配でもしようかと思ったり、岐路に立つ年頃である。

ここに、三人の男がいる。

三人とも五十代である。
「まだまだ青春はこれからだ!」
と言わんばかりに元気そうである。
そうだ、恋をしているのだろう。
愛しの女性を待っているようにしか見えない。

...しかしながら、待ち焦がれる女性は一向に現れない。
...そのうち、男たちによる虚々実々の攻防戦が繰り広げられるはずだ。

あらすじ

50代のオジサンが3人。容姿も仕事もスタイルも好きな音楽も三者三様ながら、いずれも恋する中年男性。
年甲斐のなさを自覚しながら、一方で恋に年限はないと開き直ってもいる。彼らにとって、若い彼女は 夢であり、希望であり、生き甲斐である。

それは、いつもの待合せのはずだった。
約束の時間を過ぎても現れない彼女を待ち焦がれる3人は...。
可笑しくも切ない純情男の三人芝居。

otoko19.jpg

キャストメッセージ

【宇梶剛士】
皆さんこんにちは。
このたび水谷龍二さん作・演出「男の純情」に出演します宇梶剛士です。
皆さんはこの"伝説"の舞台をご存知でしょうか。
この作品が初めて世に出たのは、コント赤信号さんへの書き下ろし「同僚物語」。
その後、片桐はいりさん、光浦靖子さん、山田花子さんの「乙女の祈り」、そして、前田美波里さん、柴田理恵さん、キムラ緑子さんの「淑女のロマンス」と女優バージョン。
そのどれもが観客を大いに盛り上げ公演を重ね、未だ再演の要望を受け続けている作品であります。
そしてその"伝説"の作品の再々リニューアルバージョンが今回、宇梶剛士、山崎銀之丞さん、朝倉伸二さんの三人で「男の純情」と銘打ち公演される今回の作品です。
これまで積み重ねられてきたこの作品を想うと背筋が伸びます。
身が引き締まります。手が震えます。
それでも、観に来てくださるお客さんに大いに笑いうなずいていただくために、日々稽古に励みます。是非劇場にいらしてくださいね。

【山崎銀之丞】
2018年版として、昭和生まれのオッサン三人でお贈りした「男の純情」が、オッサンメンバー朝倉伸二さんを新たに迎えて、オッサンリーダーの水谷龍二さん作・演出で2020年版として帰って来ます!
とあるマンションの一室で起こる喜劇なのか、悲劇なのか、それとももしかしたらミステリーなのか?
幾つになっても懲りない男の純情が、今回も可笑しくて...、哀しくて...、そして切なくて...。
皆様に目撃して頂ける事を、切にお願い申し上げます。

【朝倉伸二】
芝居を始めたばかりの頃勉強の為、よく先輩の公演を手伝っていました。ある時先輩が「今回の芝居、本番やらせてやる」と言ってくださいました。
先輩が来る前に自分達の稽古をやり、先輩と同じ劇場でたった一回だけの本番。ただただ必死にやった本番は、嬉しい事に客席からたくさんの笑い声が聞こえてきました。
その先輩というのは、コント赤信号の渡辺正行さん、ラサール石井さん、小宮孝泰さんです。そしてその時の三人芝居が、進化を重ね今「男の純情」となりました。水谷龍二さんの傑作喜劇、33年ぶりに正式に参加させてもらいます。
あの時の想いを胸に、皆さんに楽しんで頂けますよう、精一杯努めさせて頂きます。

otoko19-2.jpg

公演 スケジュール

※トム・プロジェクト主催の東京公演はありません。
※各地域の主催事業となります。チケット等の問合せは各地へお願いします。


スタッフ

美術:松野潤  
照明:五十嵐正夫  
音響:原島正治  
衣装:樋口藍
舞台監督:髙橋邦智  
宣伝美術:立川明 
宣伝ヘアメイク:菅野典子
宣伝写真:ノザワトシアキ  
プロデューサー:岡田潔
企画制作/トム・プロジェクト
協力:
アベベネクスト レプロエンタテインメント オフィスPSC
シアター・ブレーン 囃組 アトリエ藍 東宝コスチューム
東宝舞台 アーティス 高津美術装飾 エクスアドメディア
マハロ 舞台芸術共同企画 アートワン 働夢 NPO法人座・アルテ

お問い合わせ

トム・プロジェクト TEL 03-5371-1153 >>お問い合わせ

チケットの購入