トムプロジェクト

2016/04/22
【第810回】

新緑が鮮やかな季節になりました...おいらは、柔らかな光を浴びきらきらと輝く葉を眺めるのが大好きです。忘れることなく、この時期に芽吹く木々の律儀さに唯々感謝するのみです。きつかろうに、たまにはお休みしてもいいんだよ、と言っても樹木は聞き入れてくれません。どんな風雨にも堪え忍び、ちょびちょびと葉を延ばし秋が来て葉を落とすまでニンゲンを癒してくれます。こんな木々にニンゲンはどんな恩返しをしてるんだろうか?恩返しどころか裏切りに近い行為をしているのではなかろうか...

新宿御苑も桜も散り大分落ち着いてきました。相変わらずアジアの客人が喜々として苑内を行き来しています。新宿で爆買して御苑で一服するパターンが定着しつつあります。彼らには、ここ東京の新宿は天国に近いエリアなのかも知れません。そんな中、中国の家族の団体が5,6才の子どもを激しく叱責しとりました。母親らしき婦人が子どもの頭、顔を本気で殴っとりました。子どもは大声で泣き出し、おいらにはパニック状態に見えるのだが誰も止めようとしません。周囲の目も気にせず徹底的に子どもを痛めつける様に何だか恐ろしさを感じました。日本人はここまでやらんだろうな、と思いつつ、しばし見ていたのだが、殴られた子どもは放置されたまま泣いとりました。

その近くでは、キャンパスに静かな佇まいで絵筆を手にしている男性が居ました。キャンパスを覗くと淡い水彩の絵が、この男性の性格を表すかのようなタッチで描かれていました。

どれもこれも平和だからこそ見れる風景...一日も早く九州の地震が収まってくれるのを祈るのみ。あの雄大な阿蘇山、のどかな湯布院、黒川温泉が再びニンゲンの癒しの場所として復活することを念じて...

810.jpg

平穏な風景2

<<次の記事 前の記事>>
| ホーム | 公演情報 | プロデュース作品 | 所属俳優 |
| 夢吐き通信 | トム☆トム倶楽部 | トム・プロジェクトの歩み |
| SHOP | アクセス | お問い合わせ |