トムプロジェクト

2018/07/13
【第1114回】

暑い日が続いています...西日本豪雨の惨状が日々拡がる様を知るたびに胸が張り裂けんばかりの思いです。おいらもボランティア活動したい思いがありますが、この暑さの中で熱中症にでもなって迷惑がかかりそうなので止めときます。こんな時に、参議院の定数を6議席増やすなんて頭に来ちゃいますな。こんな不要なお金、少しでも被災した人たちに回せってことだろう...出鱈目、嘘つき国会にどれだけのお金が注ぎ込まれてるんだろうか...ほんまに素直に抗議しない、怒らないこの国の人たち外国の人たちが驚いています。新宿の西口広場で抗議文を掲げ意思表示している人たちのほとんどが60歳以上のお年寄りです。残念ながら、若者の姿は見ませんがな。諦めてるんですね、どうせ誰がやっても同じだろう。余計なこと言ってエネルギーを消耗するんだったら、快楽の方に費やしたいのが楽しいに決まってんじゃん。こんな国はいずれ滅びますよ!なんて脅かしても上の空。今日も朝のテレビで居ない筈の場所に熊が出没。森林を伐採し野生の住処を侵された生き物は海を渡り別天地に行きますがな。この地球、人間だけのモノじゃないという自明の理を理解できない人たちも困ったもんです。この大宇宙のなかの小さな惑星地球でいろんな生き物が共生できる哲学を持ってる人たちが多数を占めれば、こんな災害も少なくなるんじゃないかしらと思う週末でした。

1114.jpg

お空にスケッチ

2018/07/11
【第1113回】

遅まきながら第158回芥川賞(2017年下半期)受賞作、若竹千佐子氏(64)の「おらおらでひとりいぐも」を読了...史上2番目の年長者受賞らしい。いやいや圧倒的な東北弁(岩手)の語りが読む側のリズムを鷲掴み。石牟礼道子さんの口承文学を感じさせる見事な文体だ。子供のころから小説家になりたいと思いながら家庭の主婦、子育てに追われ、なかなかチャンスがなかったのだが55歳の時、夫に死なれ、日々の悲しみの中から書いてみよう!という気持ちが生まれたそうだ。夫の死から沸々とこみ上げたものは、これまでの人生、自分の本来の欲望を見失って人の期待に生きて、自分を苦しくしてしまっているんじゃないか?旦那を支えるのが人生の第一主義であり、愛に通じるものと考えたものに疑問を抱き、その総決算として己の一番信ずる方言を駆使して書き上げた小説に見える。この小説の快テンポリズムは、作者の父が浪曲師・広沢虎造「石松三十石船道中」が好きで良く唸ってたのだが、子供の頃はよくわからず、YouTubeで聴き衝撃を受け、これを小説の文体にしようと決めたそうだ。すべての表現に一番大切なものはテンポ、リズム。これを兼ね備えていれば読者・観客は飽きることなく魅入られるってことだ。若竹さんの書こうとする意欲は、とことん生きようとする姿勢だ。諦めたらいけまっせん!この小説に「おらだば、おめだ」

「おめだば、おらだ」のリフレインが何度も出てきます。同じようにおいらの周辺に居るたくさんの人達、それぞれがおいらであり、友であり、母であり、父であり...ってことは、人なんて良くも悪くもそれぞれにいろんなもの抱えてるんだから、気にしないで思い切り好きに生きないともったいないってことだよね。

1113.jpg

覗いてみようかな...

2018/07/09
【第1112回】

いやはや大変な豪雨災害ですね...今回の被害の状況を見るたびに年々地球が悲鳴を上げているのがよく分かります。もうこれ以上、森林を伐採したり、地球温暖化がもたらす1番の原因といわれる、自動車や飛行機を動かしたり、電気を作ったり、ゴミを燃やしたりすることで、たくさん発生している二酸化炭素の抑制。そして、地球温暖化の2番目の原因といわれる、牛や豚などの家畜のゲップや天然ガスを掘り出すときなどに出てくるメタン。世界の政治家、科学者が何十年も会議を重ねて対策を練ってはいるものの、時の権力者の人気どり政策でままならないのが実情だ...こんな恐ろしいことが起きてるのに、この国では原発廃止の声が盛り上がらないのがいい例だ。アメリカ、ロシア、中国の頭のオッサンたちも己の権力を維持するのに躍起になっているレベル。地球の未来、そして子供たちの将来を熟慮できる創造力と想像力を兼ね備えたリーダーが出現しない限りアウトですばい。

6日には、オウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚と6人の元教団幹部の死刑が執行された。7人が一日で処刑されるのも前代未聞である。確かに極刑に値する人たちであり人道的にも許されない人達であるが、その主たる要因も解明されないまま執行していいものだろうか?この事件から教訓を得ずして、この種の事件は必ずや起きるであろう。裁判官が麻原死刑囚は演技していると断定したことにも疑問が残る。何とか彼の口からこの事件に至る経緯を喋らせるべきではなかったか...それにしても、執行前日、上川法相は「赤坂自民亭」で女将役を務め、安倍首相をもてなし酒宴を開催...なんだか不気味ですね。どんな人間であれ死を前にしての作法があるんだろうとは思うんですがね。

今日の雲間に除く青空がいついつまでも見れますように!という願いは不可能だろうか?

残り少ない人生のおいらだって切に願ってますがな...

1112.jpg

この空が被災地に届きますように...

2018/07/06
【第1111回】

昨日、劇団唐組の辻孝彦さんが亡くなりました...52歳はまだ早いですね。唐十郎さんの世界を支える個性溢れる俳優さんの一人でした。強面の俳優さんが多い中、ひとりニコニコした表情が印象的でした。細身の体でありながらいったん舞台に登場するや否や、狂気すら感じる演技は観客の心を十分にとらえて離さなかったと思います。唐ワールドを会得するには、ただ単に演技の修練を積めば成立するものではありません。少々オーバーかもしれないが、唐十郎と寝食を共にしてかろうじてその世界を覗き見する程度かな...後は、己の特権的肉体と眼前に展開する唐ワールドの旅人としての一員としての覚悟があるかどうか...そんな厳しい状況の中、辻さん最後まで唐組を支えてきましたね。唐さんが病に倒れた後は厳しい日々があったと思いますが、先日に紅テント芝居を観ながら感じたことは、確実に若い人達にバトンタッチできてることを確認出来とても嬉しかった。その最後の仕事を辻さんが担っていたんですね。最後に会ったのが、今年2月下旬に帝国ホテルでの読売演劇大賞の授賞式でした。唐組の藤井由紀さんが優秀女優賞を受賞し唐組の皆さんと出席してました。おいらが声を掛けると「元気になって、またやりますよ...」とても元気だっただけに...でも、辻さん、貴方が演じ魅せてくれた芝居に、人間の不気味さの中に垣間見る優しや、弱さ、おいらの記憶の中にいつまでも残ってますよ。お疲れさまでした...ゆっくり休んでくださいね。

1111-1.jpg

1111-2.jpg

聳え立つ紅テント

2018/07/04
【第1110回】

この世の中、すべてがマニュアル化してしまうんだろうか...コンビニにお酒を買いに行くと必ず年齢承認のパネルが出てきます。おいおい、見りゃわかるだろう?と思いつつ、つい承認押さざる得ないのが実情だ。あるタレントがハンバーガーと飲み物をスタッフに差し入れしようと50個近く注文したところ、「店内でお召し上がりですか、お持ち帰りですか?」と聞かれたので頭に来て「こんなに一人で喰えないだろう!」と怒ったそうだ。そりゃそうだよね...なんでんかんでんマニュアル通りの教育をし、肝心かなめのお客とのコミュニケーションが疎かになる。ここから人は個に埋没し、ジレンマに陥り、病に、そして挙句の果てに犯罪さえ起してしまう。考えてみれば、アジアの労働者が増え、そうしなければならない実情もわからないではないが、お店は人と人との触れ合いで品物を手にし喜びを感じるのではござませんか。子供のころ駄菓子屋さんのおばちゃんと四方山話をしたころが懐かしかですばい。親の言うことは一切聞かず、おばちゃんのアドバイスは何故か説得力がありました。ついつい悩み事を聞いてくれ、いつの間にか子供人生相談所も兼ねるようになっちゃいました。ある意味、出先が世迷い人にとっての良き相談相手だった豊かな時代だったかもしれませんね...すべてが便利、合理性を求めていった至極当然なマニュアルシステム。もっと感情を出さんかい!と、おいらは思うのだが、若い人にすれば鬱陶しいでしょうな。でもなんだかスマホピコピコ静まり返った車内も不気味なもんございます。果たして人類はロボット化した生態系へと向かっていくんでしょうかね...最後のアナログ人類の一人として、おいらはぼちぼち楽しみながら生きていく所存でござりまするがな。

1110.jpg

梅雨明けと夏のはざま

2018/07/02
【第1109回】

いやいや、早や猛暑の日々が連日続いています...「ファントム・スレッド」鑑賞。音楽、衣装、名優の演技どれをとっても、こんな創造物を¥1100(ごめんなさいシニア料金です)で観れるなんてなんて幸せでしょう...不思議な映画です。SM的な愛なのか、究極の愛なのか、観る人によって愛の形が幾様にも変貌していく様が面白い。というより愛の迷路に嵌ってしまう。あんな田舎の娘に、立場あるアーチストがコロリとまいっちゃうのがなんだか滑稽にも思えてしまうのだが、徹底した映像美で最後までぐいぐい魅入ってしまうところがみそですな。史上初となるアカデミー賞主演男優賞3度受賞したダニエル・デイ=ルイスの、いかにもイギリス仕立ての演技も、おいらはあまり好きではないが計算しつくした知的演技はさすがです。田舎娘を演じたヴィッキー・クリープスはルクセンブルグ出身の34歳の女優。美人ではないのだが、あの手の顔は見る側の想像力を喚起させてくれる...したたかにも、純情にも、淫乱にも...なかなか掴みどころのない女性の不可思議さを十分に表現してるから相当の演技者と見た。目立たないけど気になるってところが役者としても最大の武器なのかもしれない。映画館に行くたびに思うのだが、あちらさんの俳優さんは皆惚れ惚れしますがな...それに比してこちらの俳優さんは、やっぱり残念ながら劣りますね。おいらだってこちらの映画頑張って頂戴なと念じてるんだが、どうしても旬なタレントさん重視の営業第一、コミック頼りの映画創りになっちゃうんで出来上がりがチップみたいな薄さ。あちらはビフテキ、こちらは魚、いやいや食べ物のせいではありませんことよ。もっと分厚い文化を根付かせなきゃならんのですが、この国の現状からして無理なんかな...と悲観的な思いを吹き飛ばすようなカンカン照り。いよいよ本格的な夏の到来、汗流しながらもなんとか生き延びなきゃ...

1109.jpg

梅雨明けの街路樹

2018/06/29
【第1108回】

そんなに興味ないサッカー、昨日はつい観ちゃいました...W杯、ポーランドに負けたのに決勝トーナメントの出場だって、最後の10分近くの球回し、なんじゃらほい。こんなの初めて見たが、これも勝つための戦術であり、セネガル対コロンビアの経過を見ながらの作戦。観客からのブーイングはすさまじかった。スポーツマンシップにあるまじき行為として映ったのだろう。しかし、おいらが思うに、今大会出場チームの中で世界ランキング下から三番目、コロンビアに勝ったこと自体が奇跡に違いない。いまだ世界のスピードにほど遠く、じっくりとチームプレーで胡麻化しながら進めていくのが持ち味の日本チーム。勝つために仕方がありませんがな...まさしく日本らしい試合の進め方でしたね。まあ、ベスト16に残り、次の試合も観れるんでいいんじゃないかしら。でも、渋谷地区の人達は迷惑してるんじゃないかしら...朝まで大騒ぎ、あんなエネルーギーあるんだったら無様な政治、不均衡な社会、環境、原発問題なんかに目を向けて欲しいなんて思っちゃいます。そして、いつも思うんだが点を入れるたびに狂喜乱舞しながら抱き合う選手たち...素直、正直でいいんでしょうが、おいらは粛々とプレーしながら、肉弾戦を戦い抜く男のスポーツラクビーの方が好きだな。喜びをぐっと押し殺して前に進むラガーマン格好ええやんか。それにしても、スポーツが古今東西、未来永劫、愛される所以は筋書きのないドラマ。これに拮抗できる芝居をどうやって創るか?そんなことも考えながらスポーツ楽しんでる今日この頃でございます。

1108.jpg

梅雨明け

2018/06/27
【第1107回】

米本浩二著「評伝 石牟礼道子 渚に立つひと」読了...いやいや、石牟礼さんが若い頃3度の自殺未遂をやってたなんて初めて知りました。幼少の頃、水俣の娼婦のおねえさんと遊び可愛がられたこと、社会的に地位の低い労働者と身近に接したことが、その後の彼女の生き方を決めたのかもしれません。この本のタイトルにもなっているように少女時代から海辺の渚に立ち、波の波動に宇宙のすべてを感じ見ていたに違いありません。近くの子供たちと一緒に磯篭で貝を採り、潮の満ち引きで地球が生きてることを実感する。『かすかな渚の音、わきいづるトロイメライ。天草の島めぐりめぐり遂の果は不知火の火にならむとおもふ』14歳の時に記した「不知火」の書き出しである。不知火のほとりに住む14歳の乙女の少年へ寄せる思い思春期の心の揺れが、寄せては返す波を思わせる自然なリズムで描かれている。そしてこう続く「ああ人間はこの世で一体幾辺、望みを絶つのを繰り返すのでございましょう。限りない絶望の果て、一つを捨てる為に人間は美しくなると申します。その度に悲しみが何とはなしに絹糸の様に、その細い故に切れることなく続き、その絹糸が何時しかに一つの調べを持ち、その調べを孤独の底で奏でる時に、人間は、美しいものへ近づくかもしれません」穏やかな言葉の裏に、彼女の中に激しく渦巻く情愛を読み取ることもできます。

今年亡くなった石牟礼道子さんの著作から、これから人が人として生きるヒントがたくさん散りばめられている気がしてなりません。文学を超え、生きとし生けるものが共生できる地球にならなければという遺言の数々...おいらが敬愛する松下竜一さんと等しく、時折ページをめくりたくなるバイブル書です。

1107.jpg

本日事務所ベランダからの景色

2018/06/25
【第1106回】

先週の土曜日は芝居のダブル観劇...昼間は新宿紀伊国屋ホールでの、てがみ座「海越えの花たち」。敗戦時に朝鮮半島に百万を超える日本人が存在し、徐々に引き上げが始まったのだが、日本に戸籍がなく身元引受人に確認されず在韓日本人妻として収容された「慶州ナザレ園」の話、資料を基に丁寧に仕上げた舞台でした。トムにも関係した3人の役者さんが元気そうで何よりでした。

夜は上野に場所を移し、トラッシュマスターズ「奇行遊戯」。8年ぶりの再演である。あのトラッシュマスターズが帰ってきた!という乗りで大変楽しかったです。最近、主宰者である中津留章仁がなんだかんだと言われてるのでこの日は嬉しかったな...芝居の原点は人間ドラマです。ドラマがない芝居はただの描写でしかありませんことよ。ぐだぐだと、どこかで見聞きしたことを喋られても退屈するだけですし、なんの生活感もない役者がそれらしく演じてもこっちにはなんにも伝わりませんがな。その点、この日の役者は妙にリアリティがあってついつい引き込まれちゃいました。中津留作品の魅力はこの生活感と荒唐無稽な話の展開。話は多岐にわたりなんじゃらほいと思いがちなのだが、不思議なエンターテインメント性を感じさせる劇のチカラを持ち合わせている。チマチマした芝居が多い中、このスケールの大きさは今の演劇界で貴重な存在である。芝居も長いことやってるとマンネリに陥ることは世の常、ここを開き直って我が道を往くスタイルで乗り切って欲しいもんですな。

それにしても、てがみ座2時間20分、トラッシュマスターズ2時間40分、午後12時40分に家を出て帰宅したのが24時40分。芝居を観るのも命懸けですがな...ちょいとオーバーかな。

1106.jpg

そろそろかな?梅雨明け

2018/06/22
【第1105回】

梅雨の晴れ間にもう一枚...このCDは西荻窪にあるjazz喫茶juhaで見つけました。この店は新宿名曲喫茶「らんぶる」に勤務してたマスターと、下北沢にあった名店jazz喫茶「まさこ」でバイトをしていた奥さんが結婚して始められた温かい店です。素朴さの中におしゃれ感覚が盛り込まれています。レコード演奏のみってところが粋ですな...だって片面だいたい平均25分だから調理しながらの盤の交換も大変だと思います。でもこのアナログ音を味わっていただきたいという姿勢に拍手を送りたい。この店のキーマカレーもなかなかのものです、そのあとの手間暇かけたコーヒーも居心地を良くしてくれます。というわけで、この店にあった小冊子に「Moment」が紹介されてました。曲も聴いてないのに、早速注文するところがおいらの直感と言いますか迅速な行動力ですな...一時はなかなか入手困難なCDだったらしく検索して即注文しました。針を落とすと...と言いたいところだが残念ながら小さな円盤です。1曲目から心を諫めるようなタッチのピアノ音。ウクライナのピアノ・トリオ「キエフ・アコースティク・トリオ」が残した唯一の1枚です。静謐な中にも、人生の様々な記憶を思い起こさせてくれる至極の8曲が心豊かな気分にさせてくれます。ジャケットも霧が立ち込める雨のハイウェイの写真、この季節にお似合いです。前回紹介したアルバムと共に梅雨時最強の2枚となりました。交互に聞きながら、グアテマラフレンチの豆を挽きながらのコーヒーの味も格別です。この至福の時間こそ、おいらの最高の贅沢です。

1105.jpg

静謐

1