トムプロジェクト

2018/04/18
【第1080回】

なんだかまだまだ肌寒い日が続いていますね...最近は新宿に限らず都内のあちらこちらに立ち飲みの居酒屋が増えてきてますね。外国に行くと、その飲み姿がなんとも粋に感じるんですが、この国はまだまだ慣れてないのか、まだまだやぼったい感じがしますな。ただ安いからこの店で飲んでるという佇まいが寂しいな...なにも気取ったポーズで飲めなんて言ってませんよ。お酒を余裕持って飲んで欲しいなと思います。昨日も新宿思い出横丁のごみごみしたところに、外人観光客がひしめき合うように飲み食いしてるんですが、なんだか無邪気な子供のようでもありました。すべからく何事も遊び心が大切ですね...酒飲むにしても楽しんで飲みなはれ!愚痴を言ったり、他人の悪口言ったりの酒なんてまずいに決まってるじゃありませんか。酒をよき潤滑剤として人のつながりを円滑にして、また明日も頑張ろうなんて月並みなんですが一番よろしゅうございます。おいらの好きなスペインのバル、ちょいと飲んでつまんで又、次の店に出かけるはしご酒。これがスペインの粋な飲み方なんですよ...アンダルシアの田舎のバルに行くと、暇な年寄りが朝からワイン片手に、道行く若い娘さんのお尻ぷりぷり闊歩する姿を、穴があくように見つめる姿がなんとも微笑ましく感じるのもお国柄のせいですかな...なにはともあれ快適な季節に溶け合う酒でありたいものですな...昨日も駅のホームで新入社員らしき者がゲロってましたよ。これも社会人一年生の儀式かもしれませんが、スマートではありませんことよ。何事も、一度は許してくれはりますけど、二度目はあきまへんで...

1080.jpg

日本古来の花

2018/04/16
【第1079回】

昨日、「砦」の東京公演、無事両国シアターカイで千秋楽を迎えることができました...日々進化するこの芝居、言葉の持つチカラと、今の時代に即したテーマ性、その大切さを十分に把握した俳優の意識の高さが相まって見事な再演になりました。70歳を超えた2人の名優はさることながら、様々な役をこなした3人の役者の演技に心打つものがありました。地道にサポートできる共演者がいると心強いものがあります。この仕事、どうしても己が目立ちたいという役者の業が頭をもたげがちなのだが、今回の3人は、唯々いい芝居にしたいという一心で取り組んできました。この3人で30人分の仕事をしている感じすらしました。よくぞやったあっぱれ三人衆!芝居もいいんだが人柄が更にいいときたもんだから文句のつけようがございません。長い旅公演が続くと人間関係がうまくいかなくなり、なんとなく気まずいツアーになりまして、早く公演終わらないかな...なんてことになれば、当然のことながら芝居の中身がひび割れ状態になっちまうんですね。こうなると、何のために無駄な労力を費やしてなにやってるんだろう?なんて虚しい感情がむらむらと立ち上り、徒労の旅芝居になっちまうんでござんす。いままでにこんなことがあったかって?いやいや、そのためにキャストもスタッフも十分に人間性を吟味して選出しているんでございますよ...でも、そんな素振り身振りを感じた時は向こうを上回る演技も必要ですね...製作者も役者の素養がないと務まりませんことよ。

終演後、役者さんと両国国技館を眺めながらちゃんこ料理に舌鼓をうちました。元大関霧島が経営しているお店です。さすがちゃんこ、刺身にしてもけた外れのある厚みと量、こんなもん毎日食べてたらどすこいになっちますばい。ちゃんこ鍋の具も然り、暫し関取気分を楽しませていただきました。「砦」に関わったキャスト、スタッフの皆さん事故もなく怪我もなく無事公演を成功させてくれてありがとう...そして、この公演に足を運んでくれた多くの皆さん本当にありがとうございました。2020年に再々演が実現できればなと思いつつ両国を後にしました。

1079-1.jpg

1079-2.jpg

両国

2018/04/13
【第1078回】

一昨日、おめでたい席に出席いたしました...本多劇場グループの主宰者、本多一夫さんが第52回吉川英治文化賞を受賞しました。あの下北沢の街を演劇の街にしたんですから、その功績は大だと思ってました。おいらは以前から、なんで本多さんが演劇に関する賞を授与されないんだろうと長年不思議に思ってきました。読売演劇大賞の投票委員になってからは毎年特別賞に本多さんに尊い一票を投じてきました。芝居は小屋がなければ出番はありません。その小屋を、下北沢の街に財産を注ぎ込んで七つも作ったんですから、まさしく表彰状もんでございます。表舞台の役者ばかりに光を当てないで、それこそ縁の下の力持ちである本多さんみたいな人に感謝の気持ちを形にしないといかんと常々思っていたので、本当に嬉しい授賞式でした。受賞の挨拶で「こんな賞いただいたので、これを記念してもうひとつ劇場を作りたいと思ってます。劇場の名前は吉川の吉と私の本の一字ずつを頂いて、吉本劇場にしようと思ったんですが、これはさすがにまずいですよね...」こんな冗談を喋る本多さんは本当にチャーミングです。御年84歳、北海道から出てきて新東宝のニューフェイスに合格し俳優の道を志した夢を、若き演劇人が芝居をやれる場へと発展させ、多くの演劇人を育ててきた志、とっても素敵です。おいらも本多劇場グループの小屋で随分と芝居をやらせていただきました。芝居が終わった後の一杯がまた楽しいもんでございます。演劇で多くの若者が集い多種多様な飲み屋が誕生しました...終演後の芝居談義もまた更なる進化への一歩です。街から若者の声が聞こえなくなったときに街の灯は消えてしまいます。劇場が街の往来に弾みをつけ活性化していく様を見続けた本多一夫さん、帝国ホテルの授賞式で最年長ながら一番若々しく見えましたよ...本当におめでとうございました。

1078.jpg

春薄暮

2018/04/11
【第1077回】

昨日「砦」の東京公演の初日を迎えることが出来ました。先月より北海道、四国を巡演してからの公演です。この国では現在、公共事業を含め様々な問題をめぐり大変な騒ぎになっており、今回の上演はタイムリーな作品になっているのではなかろうか...それにしても主人公である実在の人物室原知幸さんのダム建設に対し、徹底的反対する様は尋常ではない。今の政治、行政、司法の歪みに対し敢然と闘う市井の人たちと何故か重なる。そしてその夫に従順に寄り添った奥さんの心情が、夫婦の深い情愛へと繋がっていく。二人だけの旗を作っていく過程に中に、夫婦の得もいえぬ葛藤が観客の心を捉えて放さない。

僅か5人の登場人物でこの壮大なドラマを創りあげた東憲司さんの筆力、演出力はただものではない。東さんの描く世界には、常に弱者に対する慈しみが満ちあふれている。演劇も様々なジャンルがあって当然なのだが、おいらにとっての芝居は常に名も無き市井の人たちの目線で創りたいと願っている。なにもプロパガンダ劇を創ろうとは思っていないし、警鐘劇なんて考えても居ない。唯々、ささやかながら懸命に生きている人たちの貴重な汗に通じるドラマを産み出していきたいと思っているだけだ...

4月15日(日)までの公演です。今この時期、観て損はさせない芝居ですぞ!

1077.jpg

ビルの春

2018/04/09
【第1076回】

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 」を鑑賞...エンターテインメントの巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が描く社会派作品。40年前のベトナム戦争に関わる最高機密文章をワシントン・ポスト社が 報道すべきかどうかを巡る顛末を描いた作品。この監督のホロコーストを描いた「シンドラーのリスト」は、いまでもおいらの記憶に残る傑作のひとつです。 ジョン・ウィリアムズ作曲のテーマ曲が流れる度に、数々のシーンが浮かび上がってくるんですからたまりません。今回の作品は叙情性を極力排除し事の顛末をリアルに積み重ねたドキュメンタリータッチの作品ながら、メリル・ストリープとトム・ハンクスが共演し、さすがに実在の人物像を的確に表現し人間ドラマとしても立派に成立させています。この映画の制作が決まったのは、トランプ政権が発足してわずか25日だったというから、製作側も相当の覚悟で踏み切ったんでは無かろうか...今尚、トランプ大統領がワシントン・ポスト紙に対し再三フェイクニュースと喚き叫んでいるだけに、タイムリーな作品だと思います...アメリカだけではございません。この日本国においても公文書改竄、自衛隊日報隠蔽などなど問題になってます。そう言う意味でもスピルバーグ監督の現代を切り取る臭覚はただものではございません。演劇、映画は時代とともにあるものですからね...この映画の中でも言ってるんですが「報道が仕えているのは国民であり、統治者(政府)ではない」。その通りでございます。権力者が都合の悪いジャーナリストを排除し、公務員が庶民に顔を背け、権力者にすり寄る構図が出来つつある日本国、よそ事ではございませんことよ。一昨日も、映画の帰りに新宿西口広場で一般市民がプラカードを掲げ現政権を糾弾していました。ほとんどが初老の男女、未来の子供のために体を張っての行動頭が下がります...知らんぷりはいけませんことよ皆の衆。

1076.jpg

ハナミズキ

2018/04/06
【第1075回】

春から演技がよござんす...つい先月下旬に旅公演を終えたばかりの「Sing a Song」で三上あい子役を演じた戸田恵子さんが第43回菊田一夫演劇賞を受賞しました。東京で初日を開けてから、いろんなところでいい評判を聞いてはいたのだが嬉しい限りです。戸田さん自ら言っていたのだが「この賞は、この芝居に関わったキャスト・スタッフ全員で受賞したものです。」さすが戸田さんも良く分かっていらっしゃいます。主人公を支える共演者の演技の密度が大変濃く、三上あい子の人間像を見事に浮かび上がらせていると思いました。これはなかなか簡単なようで難しい作業なんです。それをコントロールした演出家、その演出を信じた作家、日々ミスを恐れず細心の注意を怠らず舞台を進行させたスタッフのチカラが上手く嚙み合ったからこその結果です。いい舞台を創るために、持てるチカラを惜しみなく注ぎながら進行していく舞台のありかたに改めて乾杯!誰一人としてアクシデントもなく31ステージをこなせたのも舞台に対する限りない愛情と責任感があったからこそだと思います。そして今回の受賞、その苦労が報われたってわけだ...なにも賞を取るために芝居やってるんじゃございませんよ。おいらが一番嬉しいのは、お客さんが喜んでくれることでございます。特に、なかなか芝居を観れない地方のお客さんが満面の笑みを浮かべて劇場を後にする姿を見たときなんぞは、おいらの方が涙チョチョきれますばい...

この作品、秋から暮れにかけての賞レースにも出場しそうな気がします。その勢いで再来年辺り再演できればと思ってます。まだ観ぬ多くの人達にお届けしたい作品です。なんといっても三上あい子のこの台詞が気にいってます。「人を死に追いやるような歌は歌じゃない。だから私は絶対に軍歌は歌わない。」改めて申します...戦争は絶対やってはいけません!

1075.jpg

まだまだしぶとく

2018/04/04
【第1074回】

いつものことながら、樹々に芽吹く新しい葉には生きててよかったという喜びを感じさせてくれます。誰に頼まれたわけではなく、いつものようにサクラが散った頃から、さりげなく芽吹く姿は愛おしくもあり、おいらも「待ってたよ...」なんて言葉を掛けたくなります。こんな不透明な時代だからこそ、自然の持つチカラに改めて救われ、失意に落ち込んでいるときなんぞは、もう一度やってみよう!なんて気持ちにさせてくれます。なんといっても色鮮やかなピカピカの葉色に心洗われます...邪悪な心であればあるほど、あの色でお掃除してくれそうな気がしますね。そんな神さんにも匹敵する樹々を伐採し地球を汚し続けているニンゲンという生き物はなんなんでしょうね...自然界の復讐は、すでに世界のあちこちで起きており、このままいけば地球滅亡のシナリオが現実化しそうな勢いです...聖なる自然界の掟は厳然と存在します。空を見なさい!樹々の変化を捉えなさい!空気を感じなさい!これらの当たり前の作動を出来なくなったときに生き物は死に絶えるでしょう...おいらは、どんなことがあっても、この動作を習慣化してます。そうすれば、少々上手く事が運ばなくてもドンマイドンマイという声が聞こえてきます。身の回りに、こんな助っ人がうじゃうじゃ蠢いているのに、気付かず感じずにいる人達が、それこそうじゃうじゃいるんでございます。自然はいつも助太刀したがっているんですから、もったいない話でございます。あのキラキラ葉っぱちゃん見てると、今日もルンルンしちゃうおいらです。

1074.jpg

今年も出会えたネ

2018/04/02
【第1073回】

待ってました!いよいよプロ野球開幕...ライオンズはむしゃむしゃとハムを喰いちぎっての3連勝でのスタート。10年ぶりの優勝も夢ではなくなったと思いますが、何せ始まったばかり、こればかりは正直この時期では皆目見当がつきません。がしかし、走攻守がぴったしカンカン、まさしく野球の魅力満載の3連戦でした。特筆すべきは外崎、金子の盗塁、そして2年目源田の好打。派手な一発ホームランより、機に敏なるプレーの積み重ねこそ勝利の方程式なんでございます。地味ながら勝つための方法論を熟知した辻監督のライオンズ入団が、大味なライオンズの選手の意識改革に繋がりました。今年こそ、辻監督の胴上げを観たいものです。そして昨日、センバツ高校野球の準々決勝4試合行われました。高校野球で一番見ごたえあるのが準々決勝なんです。勝ち残った8チームがしのぎを削る必死の戦いは実に見ごたえがあります。第2試合の智辯和歌山(和歌山)と創成館(長崎)の試合は壮絶な打撃戦、最後の最後まで読めない試合でした。甲子園球場には魔物が棲んでいることを証明したような展開、下手なドラマ見てるよりも面白い筋書きのないドラマで魅了されてしまいます。逆転されても諦めないあの選手の精神構造はどうなってるんじゃろか?いろんなスポーツあるのだが、この高校野球でしか見ることができない不思議な現象です。チームが一塊の球になって球場に球魂を産み出すんですね。画面に映し出される球児たちの表情からそのことが十分に伝わってきます。この瞬間のために寝食を共にした、いがぐり頭の青春のキラキラした時間が視えてきます。おいらだって中学1年生の夏まではそうだったんだから...良くわかります。なんでも良かばい、人生一度でも無我夢中になれた時を体験できれば、それだけで生きてきた価値があるというもんでごわす。

1073-1.jpg

3月31日 満月と桜

1073-2.jpg

1073-3.jpg

1073-4.jpg

4月1日 最後の桜 善福寺川緑地公園

2018/03/30
【第1072回】

「スリー・ビルボード」鑑賞...いやいや、冒頭からラストまでスクリーンに釘付け状態でございました。今年のアカデミー主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドの演技が凄すぎます。これは演技を超越した生身の人間の表情、一貫して一つの顔で全編を貫き通しています。しかもノーメークに近い普通のオバサンってところがたまりません。だからこそ観客の想像力をどこまでも掻き立ててくれるどころか、彼女と一体化してしまいます。同じく助演男優賞を受賞したウディ・ハレルソンの芝居もこの映画の程良いアクセントを付けてくれてますね。カメラワークが実によい...ここまで俳優の表情をアップして持たせられたのも、俳優の芝居を信じ余計なテクニックを必要としなかったからではなかろうか。そして、いつもながら名作には素敵な音楽が必然...感情を露わにしない主人公の感情に寄り添うように流れる曲のテンポ、リズム、メロディが抜群である。嗚呼なんで日本では創れないの?そりゃ無理でしょう...今の日本の映画を創るスタンスが、原作は漫画、コミックが主流であり、主演俳優もモデル上がりの人気タレントを使わねば興行的にリスクを負う状態。なるほど上質、重厚な作品は創れませんがな...最近映画観まくってますが、映画館の前に立ち日本映画のポスターには目がいきません。なんだかお子様ランチのメニューを見てる感じがしてなりませんし、これではテレビで十分なんて気がします。でもこれじゃいけませんことよ...映画を心から愛し身を粉にして映画創りにいそしんでいる方々が沢山いると思います。そんな人達が日の目を見るような映画界であって欲しいですな...ガキの頃から西鉄ライオンズと映画を愛するおいらとしては切に願っとります。

1072-1.jpg

1072-2.jpg

まだまだ愛でてくださいませ

2018/03/28
【第1071回】

サクラ満開、全快です...皆、心地よく浮かれとります。この時ばかりと、いやこの時を待ってましたとバカ騒ぎする輩には困ったもんでございます。昨日も花見の飲んだ勢いを車内まで持ち込んで周りに多大なる迷惑をまき散らしてる若者が居ました。注意しても、こんな状態では火に油を注ぐようなもんですから、いや逆襲され死に至る危険性もはらんでいるので止めときました。いくら空手の使い手といってもお歳も召してますし、刃物にはかないませんがな。おいらの若い頃の武勇伝が懐かしゅうございます。新宿の路上でチンピラ相手に極真ケンカ空手を何度も実践したあの日あの時...確かに、あのサクラの咲き方は人の感情を裂く狂気性を持ってますね、裂くらといっていいかもしれません。しばし、日頃のストレスを忘れサクラに身を預けたい気持ちもわからないわけではありませんが、サクラの美しさと潔さに相応しい姿で愛でたいもんですな。今年も例年のように新宿御苑に出かけようと思ったのだが、あの行列、そして外国の観光客の多さに少々辟易しとりますのでやめました。苑内に響く≷↔Å∫∽∝∬♪♩㏋⧺ℏ♭様々な言語が飛び交って頭がんがんしますがな...もはや日本ではありません。なんだかサクラも異国の花に見えてきます。情緒なんてもんは皆無、そんな御苑はもはやおいらにとっての御苑ではありません。狂乱の時期が去ったあと、ゆっくりと散策したいものです。身近な所にも素敵なサクラが咲き乱れてます...おのれの気持ちに添ったサクラの季節にしたいものですね。

1071-1.jpg

1071-2.jpg

神田川のサクラ

1