トムプロジェクト

2018/01/19
【第1045回】

一昨日、第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」。これから読みますが、63歳での受賞は賞の歴史上二番目の高齢者。岩手県遠野市出身で子ども2人を育てた専業主婦。55歳のとき夫が亡くなったことをきっかけに小説講座に通うようになり、執筆活動を始めたとのこと。いやいや、人間その気になればなんだってやれることを証明しましたな。専業主婦をやりながらのもやもやした気持ちと、連れ合いの死により残された人生の尊さを改めて思い起こし行動に踏み切ったんでしょうね...おいらも、しみじみと残された人生(少ないかもしれないけど、まだまだという気もします。あくまでも本人の自覚次第だと思いますが)ほんまに考えちゃうけど、今日を生きる!ってことは、いや生きてることを実感出来るのは、やはり世のため人のためになってるかどうかがバロメーターじゃなかろうか?自己満足じゃただのマスターベーションでございます。日々新鮮!日々発見!なにか生み出さなきゃ生きてる意味がありまっせん...といって、張り切り頑張りすぎるのも良くありませんな。おいらはもともとラテンの血が流れてる性分、血気盛んではあるのだが、まあどうでもいいやなんて気質も持ってます。その幅をのらりくらりと楽しみながら生きてきた気がします。でも、勘ピューターだけは、いつもピカピカに磨いております。これが錆ついたら最期、全てがガラガラと音を立てて崩れ落ちてしまいます。今日も不可思議な街新宿ををふらりんちょんしながら次なるアイディアを探し求めております。

1045.jpg

今日も新宿燃えてます

2018/01/17
【第1044回】

阪神・淡路大震災から今日で23年が経つ...新宿のマンションの部屋にあるテレビを見ながら、これがこの世の出来事か!と呆然としているおいらが居た。あのときに原発の危険性を察知、予知していれば、東日本大震災で今なお廃墟となったしまった村、街はあり得なかったはずだ。自然は何度も警告をしているにも拘わらず、愚かな人間はいつの世も己の欲望に邁進するばかり...昨日も、車内で狂ったようにゲームに熱中している青年を見るにつけ未来の希望が失せるばかりだ。その顔は鬼のようであり、穏やかさ、優しさとはとうてい無縁の形相である。隣の母親も息子の負けじとゲームに興じている...こんな光景に異を唱えるわけではないが、おいらは静かに本のページをめくり続ける。生きてることは想像力を楽しむゲームではなかろうか...大きく羽ばたく想像力を駆使しながら、この世に不可欠な創造物を生み出す人たちが増えれば、自然が時折人間にお叱りをする災害も最小限に食い止めることが出来るに違いない...歴史に学ばない人類はいつか滅びるに違いない。

1044.jpg

冬枯れの樹

2018/01/15
【第1043回】

先週の土曜日はトムトム倶楽部の会員さん、トムの社員、所属俳優が一堂に集い新宿で新年会をやりました...芝居は観客があってこそ成り立つものです。その中でも、トムトム倶楽部の会員さんはトムの芝居が大好きでどんなものが仕上がるか判らないのに、年間会費を先払いしてくださる応援団みたいな方々ですから、まさしくお客様は神様!にぴったりの皆さんです。だからこそ、この日は華やかに楽しくをモットーに3時間プログラムを組みました。飲んで食べて一言コメント、社員と役者のコント、ジャンケン大会による景品の争奪戦などなど素敵な時間であったに違いありません...と、おいらは理解しておりますが。
そして、今日から又、仕事がいつものように始まりました。今日のランチは伊勢丹会館にあるフラメンコレストラン「ガルロチ」勿論、昼間はフラメンコショーはやっておりません。12時半に入ったのだが、広い客席においらを除いてお客は一組。なんじゃろかいな?早速、パエリアランチを頼むのであるが、こんなにお客が少ないと何だか緊張しますがな...el gordo(太った)女性が流暢な日本語で料理を運び丁寧に説明をしてくれる。さて頂きだしたのはいいとして、その女性と年配のメガネをかけた男性が、おいらの食べ姿を凝視して居るではないかいな...何だか緊張しますがな。そんなに見らんといてと思うのだが、これもお客が居ないので観察される宿命なのかな?でも、メインのパエリアは大変美味しゅうございました。注文してから調理するので25分はかかったかな。スープ、前菜、パエリア、珈琲で¥1600なのでまあまなのかなと思うのだが、どうしてお客来ないんだろう?この店の前身は「エル・フラメンコ」。新宿で45年ばかりスペインの一流フラメンコダンサーを招聘して見事なショーをやっていました。おいらがスペインで鑑賞したダンサーより格上の踊り手が観れると言うことで何度か通ったもんです。そんな馴染みの愛する店ですからエールを送りたいのだが、あの観察スタイルをやられるとちょいと引いちゃうかな?年配のおじさんはエル・フラメンコ時代から居る方で昔話をすると嬉々として話し出しました。これもまたちょいとうるさいのかな...お店の在り方は本当に難しいもんでございます。

1043.jpg

まあまあの味ですばい。

2018/01/11
【第1042回】

寒風吹きすさぶ新宿のビルで、まるで曲芸師の如く立ち振る舞うガラス磨きの職人。数年前にデビューしたバスタ新宿の大きな窓を、ひらりひらりと渡る姿に信号待ちのお客も驚きの表情で見とれていました。おいらも大昔にやったことがあるので、それはそれは冷や汗もんでございましたよ。生きた心地がいたしません...落下してひしゃげた蛙みたいになるのも嫌なんで、ただただ窓ばかりを見つめて磨いていました。一度、スクイジー(ガラスを磨く道具)が手元を離れ道行く人に当たりそうになったときは肝を冷やしましたな...それを機にこのバイトはやめました。一昨日も、その当時一緒にバイトしていた芝居仲間のたっちゃんとでの宴席で、この当時の話で盛り上がりました。草刈り、清掃、公衆便所のパトロール清掃などなど日銭を稼ぐために人が嫌がる仕事も厭わず黙々とこなしましたものでございます。好きな生き方をやるには、仕事に関しては選別出来る立場ではないのは至極当然。アウトローの視点から凝視する社会だからこそ見えてくるもんがあるんですな...誰に気を遣うわけでもなくおのれの感性で、それぞれの価値を見いだす絶好の機会であったかもしれません。あの日あの時の、嘗てのおいらの姿を眺めつつ、思えば遠く来たもんだ...

1042.jpg

街中の忍者

2018/01/09
【第1041回】

今年の第一作「Sing a Song」の稽古が始まりました...戸田恵子さんをお迎えして平和の尊さを訴えたドラマです。心温まる戸田さんの歌と演技、しっかりと支える円熟した芝居を魅せてくれる大和田獏さん、唐組で重厚な演技で人気があった鳥山昌克さん、トラッシュマスターズで個性あふれる演技で注目された高橋洋介さん、劇団チョコレートケーキで人間味あふれた表現で観客を虜にした岡本篤さん、トムプロジェクトの数々の芝居でおなじみの芯のある女優藤澤志帆さん...いやいや、いいメンバーが集まりました。2月7日の初日が楽しみです。

春の陽気で一杯の新宿では、憲法九条を守る集会が行われていました。

今年こそ、いや未来永劫、穏やかで平和な世界であってほしいものですね!何度も言います!戦争は勝者も敗者も得るものは何もありません。世界に誇る憲法九条、まさしくノーベル平和賞を受賞して当然だと思います。こんな素晴らしいものを世界に誇らしげにするどころか変えようっていう輩がいるのがおいらには信じられません。日本のお宝をもっと大切に、右も左も関係なく、もっと知らしめる働きをせねば宝の持ち腐れになっちゃいますぞなもし皆の衆。

1041.jpg

未来永劫の平和を

2018/01/04
【第1040回】

新しい年が始まりましたね...今日から又、エンヤコラ仕事です。おいらは仕事ってやつ生まれて以来、あんまり好きではないんですが、仕事としてではなく何かに出会いたいという好奇心から働いたのではないかと思ってます。端を楽にさせたいから働く。端とは中央や中心からいちばん離れた部分、そうです、あまり光の当たらない生き物、場所、物のために身を粉にする。これが本来の正しい仕事の定義ではなかろうか...おいらは、それはそれは子供の頃からよく働きましたよ。正月なんぞは、新聞配達、郵便配達の掛け持ちでお雑煮なんかの記憶はありまっせん。でも、一度だって嫌だとか苦しいとか思ったことはありませんでしたね...世の中の出来事をいの一番に知りたい人のために届ける新聞、待ちに待った年賀状を手にする人達の笑顔を思うと、一刻も早く届けたい。そりゃ韋駄天小僧になりますわね。

まあ、そんなわけで今年もぼちぼちやりますのでよろしくお願いいたします。

それにしても年頭から、刈り上げクンと、ややこしヘアーのおっさんが机の上の核のボタンの大きさ自慢をしてるニュースが流れるとこの時代の不幸を感じます。おいらも、この先そんなに長くない人生なんで、勝手にしてくれや!なんて思いますが、この美しい地球防衛隊の一員として微力ながらワン、ワンと吠え続けたいですね...おいら年男でもありますから。

1040-1.jpg

元旦、東京の空

1040-2.jpg

2日、スーパームーン

1040-3.jpg

3日、新宿の空

2017/12/27
【第1039回】

会社は今日が仕事納めでございます...今年もいろいろありました。芝居は5本上演しました。その中でも「萩咲く頃に」は春と秋の2シーズン、たくさんのお客さんの前で上演することが出来ました。こうやって東日本大震災のことを忘れないためにも、演劇はなくてはならないものと改めて思います。風間杜夫一人芝居新作「ピース」の旅公演で、大分県津久見市での公演が台風のために中止になったことがとても残念でした。自然災害、世界状況の不穏、勿論国内のいびつな形などなど、未来に対する展望は決して明るいものではないと思ってます...が、生きて居る限りなんとかせねば生かされてる意味がありません。先日、パーキンソン病で入院中の石牟礼道子さんの凛とした姿に勇気を頂きました。「土と水と緑を自らの手で殺し続けて来て日本人はその罪にまだ気づかない。水の地獄がすぐ目の前にやって来ようとしているのに...」肉体が衰えようと強靱な精神力と、利便主義が蔓延る世界に楔を打ち込む信念を持続している人が存在する限り、この世界はまだまだ捨てたもんじゃございません。

今年もなんとか微力ながら、芝居を続け多くの人たちとの繋がりを持たせて頂きました。感謝感謝です...憎しみを感謝に変えれば世界はもっと平穏になるのにと思いつつも、そうならないのが人間の愚かなところです。生かされてることに感謝しながら、来年も良い芝居創ることは勿論、きな臭くなるこの国に苦言を呈しながら元気溌剌なおいらでありたい思っとります。皆さんも、良い新年をお迎え下さいね!

1039.jpg

師走の風物詩

2017/12/25
【第1038回】

週末は年賀状を書いていました...こんなご時世、メールで新年の挨拶してる人たちも沢山居るとは思いますが、やはり一年に一度、何年も何十年も逢ってない人を想い出しながら筆を進めていると、あの日、あの時の情景がつい昨日のことのように蘇ってくるのが不思議ですね。年賀ハガキ52円の持つ意味はとてつもない価値がありますね。普段、思いもしなかったことがこの年賀状をしたためる一瞬にドラマを再現してくれるんですから、まさしく魔法のハガキです。そんな貴重な機会を頂いてるんですから、なるだけアナログに近い手作りの年賀状にしたいのがおいらの遊び心です。クレパスで、あーでもないこーでもないと落書きしながら来年の干支であるワンちゃんを書きあげました。なんとおいらの年なんです...自画像みたいなワンちゃんになっちゃいました。まるでおいらを見てるみたいなんて、なんだか自分で書きながら嬉しくなっちゃいました。ほんまにおいらは幸せな人でございます...そりゃそうでしょう、義理で出す年賀状だったら、おいら出しませんことよ。何事も楽しみながらわくわくしながら書いてこそ、相手にその心が伝わるもんってことですよ...ましてや新しい年、もらって笑顔になるお便りにしないとね!

1038.jpg

今日はクリスマス

2017/12/22
【第1037回】

連日、大相撲の話題で持ちきりでございます...こうなったら白鵬以下、モンゴル一派に賛同する人たちは別組織で興行相撲を立ち上げたらどうだろうか?八百長もあり、プロレスみたいなショーでいいんじゃないかしら...モンゴルの人たちに日本の相撲道を押し付けても無理があるでしょう。それにしても、力士になる日本人が少なくなり、異国の人たちに力を借りなければ成立しなくなっちゃった相撲界も哀れですな。そんな危機を救ってくれたのもモンゴル力士。水と油じゃ、こういう流れになるのもいたしかたありませんな。公益社団法人という優遇された立場でありながら知恵者がいないということが最大の悩み。それにしても貴乃花親方のだんまりも異様な感じもしますね。確かに弟子が傷つけられ、傷害事件であることが一番の問題であるのだが、そろそろ喋るなり、己の相撲界の改革の指針を示さねばならんのではなかろうか?それにしても根っこが深いというより、やはり特殊な世界ですよね。あんな身体にすること自体が普通じゃありません...普通の世界じゃないのに世間常識を当てはめようってのが所詮無理な話。おいらも少年時代に新聞配達の帰りに、九州場所中、博多万行寺に居を構えていた二所ノ関部屋の稽古場を覗きに行ったのですが、それはそれは恐ろしい光景でした。下っ端の力士を竹刀でミミズばれができるくらい先輩力士が殴ってました。いたいけなキヨシ少年は思わず「やめんしゃい!」と声が出そうになったのだが、ノドちんこが縮み上がり発することが出来ませんでした。その稽古場にすらりとした力士、後の名横綱大鵬がいました。ひとりキラキラと輝いていました...そんな時代から何も変わっていないんだから、しょうがなかんべさ。

1037.jpg

ホントかな?

2017/12/20
【第1036回】

今村朝子の「あひる」読了...平易な文章の中に人の思いがずっしりと感じられる小説だ。読みやすいので1時間ぐらいで読めるかな?でも、行間に詰められている想像せざるを得ない空白が、文学の深さを思い知らせてくれる。日常会話で綴られる文体で、不思議な寓話を生み出す作家の人間を凝視する優しさ、怖さがなんとも心地よい。

新宿も師走の足音とともに賑やかしい...この時期になると、道のあちこちにお恵みを乞う人達が出現する。40代の働き盛りの男性が「助けてください!」という紙を持って立っている。思わず、おいらも「何を助ければいいのかな?」なんて声をかけようと思ったのだがやめときました。一方、80代のおじいちゃんがカンカンを前において手を合わせている。百円でも入れようかなと思ったのだが、こちらもやめときました。この人たち喜捨した人たちの気持ちを正しく理解し感謝し、今ある状態からプラスに転化できるかどうかは、誰にも分らない...一方、喜捨することに自己満足している人も確かだ。師走に見る風景は、その言葉のごとくせわしさに溢れている。

1036.jpg

師走・新宿の空

1