トムプロジェクト

2017/10/20
【第1013回】

一昨日、18日「萩咲く頃に」の最終公演、埼玉県本庄市に行ってきました...本庄虹の演劇鑑賞会さんに呼んでいただいた公演です。今年の1月~3月、9月~10月、計61ステージを事故もなく無事に終えることができました。生の舞台ですからキャスト、スタッフの体調管理はもちろん、移動中の事故、トラブルで公演中止なんてことも当然起こりうる厳しい状況の中、何事もなく大千秋楽を迎えることができたのも奇跡に近いことです。あらためてキャスト、スタッフ、そして観に来ていただいたお客様に感謝です。そして、いつもながら演劇の神様がトム・プロジェクトを温かく見守ってくれてることにありがとさん!この日の舞台を観て感じたことは、役者が日々慣れることなく、発見を求めて様々なチャレンジをしている姿に感動しました。芝居は間の芸術です。台詞がない無言の中に実は多くの意味深な言葉が生まれているんです。登場人物の言葉にできない思いが舞台上で火花が飛び交うように入り乱れてる様は観客の想像力をいやが上にも掻き立ててくれます。これがたまらんのです...この日の芝居は、その間が落語のようでもあり、小津安二郎の名場面を彷彿させるようでもあり、千秋楽に相応しい舞台でありました。
終演後、キャスト、スタッフ、鑑賞会の役員さんと大打ち上げ大会を開催。夜が更けるまで皆、大仕事をやり遂げた充実感と、これで終わりという寂しさも交えながら、とことん飲み明かしました。この作品、再来年もお声が掛かっています。よか芝居は何回観てもよかですばい!

1013.jpg

ビルの中のハロウィン

2017/10/18
【第1012回】

こんな人が、こんなコスチュームで白昼堂々と新宿の街を歩けるんですから、日本はまだまだ大丈夫ですね...北朝鮮はもちろん中国、ロシア辺りではすぐ拘束、多分強制労働収容所送りではなかろうか。このおっさん以前にも見かけましたので「久しぶりだね...」なんて声かけると「写真撮ってもいいよ!」なんて言うもんだから断るのも悪いと思い準備をすると、なんとなんとポーズをとるじゃありませんか...仕方なくシャッターを押すと「もっと撮ってもいいわよ!」なんて要求してきたので、こりゃ大変と「寒くなったから風邪引かないようにね...」と言いながら危ない雰囲気が立ち籠める現場から早々と退散。新宿の街は怪しい来客簿で満載でございます。それを許す寛容さがおいらは好きだな...排除の論理を振りかざす、あのおばはんとはえらい違いでありますな。しかもお城は新宿にあるのに、たまにはおいらみたいに新宿の街の隅々まで地回りしてみてはいかがかな?街に蠢く大衆の焼け付くような匂いを感じ取って初めて政治なんて言葉が生まれてくるんじゃございません。何だか聞いたことのない言葉を羅列し、私はインテリ、文化人よなんてポーズを見せてもいずれ化けの皮が剥がれてしまいますよ...案の定、ホープなんて抽象的な名前を旗印に威勢良く立ち上げたグループもじり貧状態になっちゃいました。野党を解体させたおばはん良くやった!とアベちゃんほくそ笑んでることでしょう。
選挙まであと5日、またまた自公で過半数でございます。いや、維新、希望も自民党の補完勢力だから解散前と変わらないどころか、ますます危ない国になっていくんでしょうね...
ピンクの白鳥おじさんが見れなくなったときが日本沈没のときでございます。

1012.jpg

新宿奇人列伝
(正面写真は貴方がイメージしてね)

2017/10/16
【第1011回

先週の金曜日には「萩咲く頃に」、大宮演劇鑑賞会に行って参りました。終演後、会場にお二人の品の良いご婦人が「シルバー人材派遣会社からきましたコンパニオンです...」なんてお迎えの挨拶をされ飲み会の会場に誘導されました。それから5時間近く、鑑賞会の方々と楽しい時間を過ごすことが出来ました。芝居をとことん愛する最強軍団、こんな人達のお陰で我々も、よしゃ!よか芝居を創らんといかんばい!と背筋がシャキッとする次第でございます。それにしても、大宮も大都会、この街にプロのサッカーチームが2つあるのも判る気がします...
土曜日には、朝早くから映画鑑賞。新進気鋭の監督・外山文治短編作品集を渋谷のユーロスペースでアンコール上映。トム・プロジェクト所属の下條アトム、藤澤志帆、辻井彰太が出演してることもあり足を運びました。限られた予算の中で、監督自ら営業し上映先を見つけ出し公開するという、まさしく映画をこよなく愛する人が創った、「わさび」「春なれや」「此の岸のこと」3本の作品。37歳の監督が描く世界は、老年、若者を主人公にしながら基本的に市井の人達の日常に流れる機微をすくい取り何気なく描いてる...何故短編にしたのか?長編映画が多い中、饒舌を避け究極の所、俳句みたいな映画にしたかったのではなかろうか...若い監督が困難に立ち向かい、自分の世界を形にしてゆく姿に拍手を送りたい。

1011.jpg

冬を待つ

2017/10/13
【第1010回】

「明日がある、かな」の稽古場に顔を出す...今回は出自が異なるベテランから若手まで総勢9人の出演者による芝居である。劇団ではないので、演技に対する体験、考え方も当然のように違ってくる。それぞれの異質なものをどう纏めていくか演出家の手腕が問われるところである。この日も、作・演出家の中津留章仁が粘り強く丁寧に役者にダメ出しをしていた。
言葉では理解できないとみると、自らがやってみせるのだが、さすがに自分自身が思考して書いた台詞、なかなか堂に入っている。これをやられると役者も参っちゃいますな...役者自身が役作りしていることの正誤が問いただされているようなものだからだ。演出家がやったことをそのままやるのも情けないことだし、ダメ出された役者はそこを乗り越え新たな表現を生み出さねば屈辱的なことになってしまう。当然ながらお客さんは本番しか観れないのだが、芝居を創る当事者は稽古の過程を観れる楽しみがある。作・演出家と俳優との身を削る修羅場があってこそ質の高い作品が生まれるのも至極当然なことである。初日まで、すべての時間を芝居のために捧げる創造者たちの苦闘の日々が報われるようにするのもプロデューサーの仕事です...初日乾杯のときに美味しい酒が飲みたいですな!

1010.jpg

錦糸町の稽古場からの帰り

2017/10/10
【第1009回】

秋の日の夕焼けは、おいらの心身をほどよくほぐしてくれる...上田敏による訳で、日本で最も有名なフランス詩の一つとなったポール・ヴェルレーヌの「秋の歌」。秋と言えばなんとなく憂いを感じる季節「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」そんな日の暮れなずむ空を眺めると、今日一日無事過ごせたことに対する感謝の気持ちと、人生の黄昏をしみじみと感じ入ってしまうのだ...なにか行き詰まったり、悩み事があったら空を眺めるに限る。時の移ろいとともに微妙に、時には大胆に、様々な表情を見せてくれる雲、その雲に鮮やかなタッチでペインティングしてくれる時間が夕暮れ時である。大地に寝っ転がって半日空を眺めた日なんぞ、思考することの空しさを覚えたくらいだ...この自然に素直に身を任せることを忘れた、人間の計り知れない欲の悪行の数々が大空に吸いこまれるさまは実に爽快である。この果てしない空の広さ、大きさは半端じゃない。
この空に向かって虚言を放つ政治屋の戦いが今日から始まった...空さんよ!そんな輩には何倍ものおしかりの返答を...

1009-1.jpg

1009-2.jpg

暮れなずむ街

2017/10/06
【第1008回】

西武ライオンズのペナントレースも昨日で無事終了しました...結果は2位。ようやくBクラスを脱出、よくやったライオンズ。何といっても辻監督の粘り強い指導と、西武ライオンズの黄金期に培った勝負勘によるものが大きい気がする。とりわけ長年の課題であったショートのポジションを新人源田壮亮がフル出場し活躍したことと、シーズン後半、山川穂高が堂々の4番でホームランを連発したことも勢いに弾みを付けた。10月3日に楽天との最終試合でのライオンズの気迫は、今年のシーズンを象徴するような試合であった、逆転された後の山川の逆転ホームラン...おいら、思わず涙ぐんでしまいました。沖縄出身の人なっこい笑顔が魅力の山川が思いを込めての一発。そうそうできるもんでございません...そんな野手の頑張りに、この日先発の菊池雄星が答えないわけにはまいりません。8回の表無死満塁のピンチを無失点で切り抜けた時にもホロリ。そして、その裏、源田があの長嶋茂雄を超え、シーズン154安打で新人安打数歴代3位を達成。こりゃ凄すぎますバイ!結局、この日10対3で楽天を下し、シーズン2位をほぼ手中に収めた次第だ。

ライオンズを応援して66年...西鉄ライオンズが身売りされてから、もういいだろうなんて気持ちになったことも何度もあるのだが、何故か、あの少年時代に野武士軍団からもらった夢とロマンと勇気が、おいらの体の一部に棲みついてしまい、なかなか出ていかなかった...おいらの人生の中で、あの日あの時の記憶がいつからか生きていくうえで必要不可欠なものになってしまったのではなかろうか...たかが野球、されど野球、野球に翻弄される人生もまた素敵なものではなかろうか。

1008-1.jpg

1008-2.jpg

我が心のライオンズ

2017/10/04
【第1007回】

新宿は、日替わりで奇人変人が路上で怪しげなパフォーマンスをやっとります...この日も新宿西口小田急前の階段付近で、おっさんがなにやら難しい顔してメモをとっていました。その周辺をみると「駐輪代が自販機でドリンク求めるとチャリ預かり...」「拾得物、鍵、マント、傘...」「社員募集、秘密厳守...」などなど、なんのこっちゃ意味不明のメモ書きが散乱しておりました。勿論、こんなものを真面目に見る人なんぞ一人もおりませんがな。でも、好奇心旺盛なおいらは、しばし観察しておりました。すると、おっさんおいらの顔をしげしげと眺めながら、おいらが話しかけてくるのを熱望してる感じがしてきたので、こりゃやばいと退散してしまいました。会話が成立すりゃおもろい体験だったのだが、どう考えても宇宙人規模の対話で道行く人も、おいらもちょいとイッテしまった人種だと思われるのも何だか嫌な感じがしたもんで...いやいや世の中は不条理なことばかりです。このおっさんのこと笑っておられませんがな。昨日、発表された希望の党の公認候補の名前を見て、驚き桃の木山椒の木!民進党時代に反対していた安保法案、憲法改正を覆して泥池に飛びこんじゃうんですから、いつもテレビで息巻いてたあの人もこの人も...こんな輩が有象無象、救いがない国でございます。たとえ落選しようとも、己の志しの旗を掲げ散っていく方がどれだけ潔いことか...人間としての矜持、生きていくことで決して忘れてはならないことでございます。

1007.jpg

新宿奇人列伝

2017/10/02
【第1006回】

爽やかな秋の風が吹き始めたというのに、なんですかいな!お馴染み政治屋さんの離散集合。小池のおばはんに引っかき回され、小池にはまった弱気な野党の皆さんの溺れ振りぶりには呆れてしまいます。前原のおっさんも、まんまと騙され民進党は真っ二つに割れてしまいました。この経緯をみると、なにやら裏でアベカワモチとコイケマンジュウがこねくり回しながら甘い話をしたんじゃないかしら...二大保守党を出現させ、何れは小池首相誕生を夢見てるんでしょうね。それにしても民進党のみなさん情けなか!政治家から志を無くしたら終わりでしょうが...小池のおばはんの排除の姿勢には恐怖すら覚えます。次第に化けの皮が剥がれつつありますな。次から次に、時の権力者に接近し政界を渡り歩く様だけでおいらなんか、この人のお腹の中なんじゃろかいな?と思ってました。都知事になったのはいいが、豊洲移転問題、オリンピックなどなど何も解決してないのに何が国政といいたい。それにしても日本の皆様もほんとうにしっかりせんといかんですばい!国会議員ひとりあたり1億円のコスト(庶民が汗水垂らした税金)がかかってるのに、国のためになにをやってくれてるんですかね?身の保全のためにしか動いていないのではという輩が多数を占めてる気がしてなりませんな。正直のところ、将来も政治の世界は悲観的です。忖度と馴れ合いでなんとなく時代が通り過ぎていくニッポン。だとすれば、おいらは世のため人のために身を投げ出す志ある人に清い一票を投じたい。所詮、政治家なんか存在しない国ですから...終局は、己の中に理想の国家を想像・創造するしかないのかな...

1006.jpg

秋の佳き日に

2017/09/29
【第1005回】

27日、盛岡での「風間杜夫ひとり芝居~ピース」千秋楽行って参りました...盛岡は久しぶりです。東北新幹線が出来、2時間半で行けるんですから便利になったもんでございます。昔は、えっちらこっちら長い時間をかけて東北を漫遊したんだが、新幹線のスピードは旅の余韻を感じさせてくれませんがな。四季折々の風景を堪能するなんてことはとても無理。全てが効率的に動き回る現代社会、おいらは好きではありませんな...ちょいとは、ゆったりほっこりのんびりせんかいな!と進言したいところだが、この慌ただしい効率主義主流の流れに抗うことは出来んでしょうな...公演した場所は昔の花街、おいらは何故か嘗ての花街を見つけると胸騒ぎがするんでございます。勿論、劇場周辺をブラ散歩いたしました。遊郭があったであろう建物もありましたし、遊びの色香がどこからか匂ってきます。この日公演した盛岡劇場には宮沢賢治も足を運んで演劇、音楽を楽しんだそうです。

芝居も、もちろん杜夫ちゃん絶好調の演技で、万雷の拍手のもと無事最終公演を終えることが出来ました。終演後はスタッフ共々、大打ち上げ大会。地元の魚、肉大変美味しゅうございました。締めに食べた盛岡冷麺が美味しかったな。早速、来年の再演、そして新作の話やら話題になり盛岡の夜は大いに杜、盛り上がりました。

1005-1.jpg

盛岡劇場

1005-2.jpg

南部大鉄瓶

1005-3.jpg

フォーク酒場

1005-4.jpg

かつての......

2017/09/27
【第1004回】

10月に公演する「明日がある、かな」の稽古が始まりました...いやいや3本同時に芝居の本番、稽古やっとります。新入社員も含めて事務所は大忙しですが、それだけ需要があるってことですからありがたいことです。いくらこちらが芝居したいな!なんて声をあげても、やって欲しいところがない限り赤字公演になっちゃいますからね。要は良質な作品を創ることに限ります。さてさて、「明日がある、かな」、気鋭の作・演出家、中津留章仁のもとに9人の俳優が集まりました。出自が異なる年齢も21歳から56歳まで幅広い人達が集まりました。トム・プロジェクトとしては久しぶりの大人数の芝居です。少数精鋭の芝居もいいんですが、いろんなタイプの登場人物が入れ替わり立ち替わり出てくると、なんとなく活気づいて楽しいものです。気をつけにゃならんのは、そのなかに芝居をぶち壊す役者が出てくると、やはり出さなきゃ良かったってことになりますね。その点はご安心くださいませ、おいらが吟味して個性溢れる達者な役者さんを揃えました...稽古初日の本読みもなかなかのテンションでいい雰囲気でした。

政界もえらいこっちゃ!大義なき解散、当選狙いの離党、都知事と新政党の代表、北朝鮮の脅威のこの時になんでやろ?政治家はトップをはじめとして皆、自分ファーストの輩ばかりだから当然のことか...こんな人達にこの芝居見せたいがな「明日がある、かな」

1004.jpg

秋、到来...

1