トムプロジェクト

2017/04/21
【第944回】

先日、思い出横丁(ションベン横丁)にある「やぶ天」に焼き鯖定食を食べに行ったのだが、なんと閉店してるではないか...この店には半世紀通っていました。最初は大学時代、夜毎、新宿を徘徊する腹ごしらえとしてよく利用しました。戦後の闇市をそのまま残したションベン臭いこの横丁に立ち寄ると何故かほっとしました。狭い店内で肩寄せ合いながら飲食しているうちに見知らぬ人達と言葉を交わし、本来の人間性を取り戻せる場所だったんですね。その中でも「やぶ店」はアルコールを一切出さない食事に拘った店でした。築地で仕入れてきた魚はどれも新鮮でした。おいらが大好きだった焼き鯖、店内で年季が入った網でじっくりと焼いてる様をカウンター越しに見てるのがなんとも微笑ましい光景でした。それは子供の頃、おふくろが七輪に練炭で火をおこし頼りない網で鯖を焼いている姿を想い出させてくれました。最初の頃は、東北から出稼ぎに来たおばさんが10人入れば一杯になる店内を明るさで大いに盛り上げていました。おいらが帰るときはいつも「元気でね!」と声を掛けてくれました。貧乏学生におばさんなりにエールを送っていたんですね...しばらく行かなくなると、おばさんも居なくなり、大柄の男性が店を取り仕切ることになりました。一度、おいらが大切な時計を忘れ、翌日お店に行くとちゃんと保管してありました。この店の誠実さを改めて知らされた思いでした...その後も、何故か惹かれるように立ち寄り焼き鯖定食を食べていると、いつもあの日あの頃のおいらの姿が蘇ってきます...年を重ね、どんな立場、境遇になろうとも、いつも夢とロマンと冒険を追い続けたおいらの原点を忘れちゃいかんよ!ボロは着てても心は錦...三つ星かなんかしらんけど、格好付けたどんな店よりも、おいらにとっては満点星のような店でした。ありがとう!そしてお疲れ様でした。

944-1.jpg

944-2.jpg

新宿の原点

2017/04/19
【第943回】

早速、温泉効果が出てますぞ...みんなの顔はピカピカ、声もすっきり、大変よろしゅうございます。本当に日本人に生まれて良かったと実感できる一つです。おいらは九州の出なので、九州の名湯は大体行ってます。一番人気の大分湯布院温泉、あまりにも有名になりすぎて昔の情緒風情が壊されつつありますが、田舎の佇まいを残しながら頑張ってますね。お湯もさることながら、おいらのお気に入りは金鱗湖の側にある喫茶店「天井桟敷」でございます。由布院の「御三家」と言われる亀の井別荘が経営しているお店です。江戸末期の造り酒屋の屋根裏を活かし、梁が組まれている店内はとても良い雰囲気です。BGMはグレゴリア聖歌、清らかな声を聴きながらの一杯の珈琲はたまりませんばい。熊本の黒川温泉もいいですね。標高700mのところに位置し、筑後川の支流である田の原川沿いに、懐かしさあふれる宿が立ち並び、湯治場の雰囲気を残している。このなんでもない普通の田舎に、ちょいとアイディアを活かしながら名温泉にした村の人達に拍手です...その他長崎県の雲仙、鹿児島の霧島、佐賀の嬉野などなど、九州はよかとこですたい。

トランプ、プーチン、金正恩、アサド、イスラム過激派、ヨーロッパ右翼の皆さん一堂に会して九州温泉サミットでも開いたら如何かな...争いがいかに馬鹿げたことか、心地よいお湯が理屈無しに教えてくれますがな。

943-1.jpg

943-2.jpg

名店「天井桟敷」

2017/04/17
【第942回】

週末、久しぶりに二泊三日で社員研修旅行に行って参りました。何処に行ったの?新年度にあたりこの時期に相応しいところといえば、そりゃ温泉でしょう。新緑近いひっそりと佇む群馬四万温泉で研修して参りました。あくまで研修ですから、源泉掛け流しでゆったりとしたところでないと良いアイディアは浮かばないので...創業1563年の老舗旅館、大浴場や露天風呂が合計8つあり、その全ては敷地内の自家源泉から沸く天然温泉を完全なるかけ流しで営業し続けている「四万たむら」...に決定。何度も湯に浸かり古くなった記憶を洗い流し、新しい斬新な構想を身体に記憶させました。テーブルを前にして、しかめ面で頭を捻ってもいい考えは浮かびません事よ。裸になって、自然の恵みの恩恵を十分に享受しながら頭を空っぽすると、自ずから智恵が飛び込んでくるもんでございます。風呂上がりのビールがこれまた極上の喉越しの飲み物。こんな時間を過ごした全員が集まる夕食時にはお湯で癒された心身は、まさしく日常のストレスが見事に払拭され爽やかスッキリのお顔でございました...で、どんな話をしたのか?これからのトム・プロジェクトの仕事ぶりをご覧になれば分かると思いますよ...皆さん期待しててちょうだいね!

942-1.jpg

942-2.jpg

マイナスイオンたっぷり温泉

2017/04/12
【第941回】

50歳を機に朝日新聞の記者を退社した稲垣えみ子さんの「魂の退社」読んでます。小さい頃から優等生で、優秀な学校を卒業し朝日新聞に入社、まあそれなりにいい立場まで行ったのだが、このままでいいのか?と疑問を持ち退社。まあまあの給料で衣服、化粧品など買いまくり、それなりに満足していたのだが、香川県に赴任し安い讃岐うどんを食べながら暮らす人達を見てはたと気づいたそうな...「お金が欲しい」と思う人の処にはお金は集まらず、「別にお金なんていいや」と思った瞬間に、お金の方から近づいてきて、しかもなかなか離れていかない。そうなんです!男女の恋愛にも通じるところがあるんですね...人の欲望なんて果てしなく、そんな資本主義社会のシステムに乗っかって物欲、出世欲に取り憑かれた亡者になっちゃいけませんって事よ...会社は一生面倒みてくれるわけでもないし、定年後の第二に人生をいかに有意義に過ごすことを念頭に置いて早めの退社をしたそうな...その手始めに、今まで世界にはあらゆるものが「ある」世界を追求した彼女は、「ない」ということの中に実は無限の可能性があるのではないかということを実践したんですね。先ずは電子レンジ、扇風機、こたつ、ホットカーペット、電気毛布など電化製品を捨て始めたんです。どれもあったら便利と思い込んでたものが、なきゃないで済ますことが出来たんですね。電子レンジの代わりに蒸し器、ホットカーペットの代わりに湯たんぽ...少し工夫すれば快適であったり面白かったりするわけです。冷蔵庫がないと無駄な買い物もしなくなり日々新鮮なものを食べてたそうです。

彼女の生き方が全てではないですが、このなんでも「あり」の世の中に疑問を抱き、「ない」ことから想像する事から始まった時代に回帰することも必要ではないかしら...

941.jpg

新宿御苑

2017/04/10
【第940回】

4月6日に加川良が亡くなった...フォーク全盛時代に、一人気になる存在だった。独特の声と風刺が効いていながら、何故か純粋な魂を彷彿させる歌詞に惹かれるものがあった。おいらが芝居を創り始めたときに、ふと気になって話したこともない彼と連絡を取り、一杯飲みながらいろんな事を話したのが22年前だったかな...おいらが想像してたそのままの加川良だった。一見ゲバラにも似た顔から少年のような風情を見せる表情に、おいらもついつい心を許してしまい、4時間ばかりの有意義なひとときを過ごしたことを、つい昨日のことのように覚えている。結局、彼との共同作業は実現しなかったのだが、その後も新宿の駅前で小コンサートを、こっそり拝見し、良さんしぶとくやってますなとエールを送った。その後は、彼に会いたくなったときはCDを聴きながら加川節を堪能させてもらっていた。今年、母の一周忌で博多に帰ったときに、弟が昨年12月6日博多で行った加川良のライブに行き購入したアルバムを聴かせて貰った。タイトルは「みらい」青空から始まる6曲は、いつまでも変わらぬ良さんだった。この博多でのライブが彼の最後の舞台であった。彼の代表作である「教訓1」こそ、今のきな臭い時代に対する遺言かも知れない...

 

 命はひとつ 人生は1回
 だから 命をすてないようにネ
 あわてると つい フラフラと
 御国のためなのと 言われるとネ
 青くなって しりごみなさい
 にげなさい かくれなさい

 御国は俺達 死んだとて
 ずっと後まで 残りますヨネ
 失礼しましたで 終るだけ
 命の スペアは ありませんヨ
 青くなって しりごみなさい
 にげなさい かくれなさい

 命をすてて 男になれと
 言われた時には ふるえましょうヨネ
 そうよ 私しゃ 私しゃ 女で結構
 女のくさったので かまいませんよ
 青くなって しりごみなさい
 にげなさい かくれなさい

 死んで神様と 言われるよりも
 生きてバカだと いわれましょうヨネ
 きれいごと ならべられた時も
 この命を すてないようにネ
 青くなって しりごみなさい
 にげなさい かくれなさい

 青くなって しりごみなさい
 にげなさい かくれなさい

 青くなって しりごみなさい
 にげなさい かくれなさい

 

良さん!貴男の69年間の心情はCDにすべて歌い込められてますよ...昨日の夜も、貴男の天衣無縫な笑顔を想い出しながら最後のCD「みらい」を聴きましたよ...

940.jpg

善福寺川緑地公園

2017/04/07
【第939回】

昨日は詩人、映画監督の福間健二夫妻と国立で桜見物と飲み会をやりました...大学教授を定年退職され、今は詩を書くことと映画を創ることに集中。夫妻とは40年来の友人で、ともにスペイン、ポルトガルを愛する仲間です。お互いにいくつになっても変わらんな!と思っていることでしょう...そうなんです、変わってたまるか!と言う志で生きてきました。最初に出した本も「変わるな!スペイン」初めての異国の地スペイン人の生き方に共鳴、便利さと利益に奔走する世界に背を向けて、日々の何気ない幸せを大切にする二つの国にメッセージを送ったという次第です。EUのお荷物?結構じゃありませんか!利潤を求め、挙げ句の果ては又もや戦争ごっこ、懲りない先進国の面々より人間として上等な気がします。そんなこんなで国立のメイン通り1㎞に連なる桜並木を眺めた後、健二さん行きつけの居酒屋で談笑、楽しい話だと酒も料理も数段美味しくなるものです。連れ合いの恵子さんもとてもチャーミングな方なんですが、映画のプロデュサーとなるとなかなか厳しいお方です。今年も新作を構想中で、健二さんと丁々発止のやりとりを聞かせて頂きました。おいらもそうなんだが、新しいものを創出するときのエネルギーは半端じゃありませんことよ...お金が絡み、人間関係の難しさを乗り越え誕生させる苦労たるや...時折、もうこんな面倒なことやめちゃえ!なんて思うこともあるんですがね...それにしても、健二さんよく飲みますな。ビール飲んで日本酒飲んで焼酎、これで終わりかなと思いきや「けっちゃんウイスキー飲まない...」飲んじゃいましたよ。国立から我が家までほろ酔い加減で帰宅しました...健二さん、あまり飲み過ぎないようにね!だって、お互いに語り合えることによって、いつまでも少年であることを確かめ合える仲間で居たいですからね...

939.jpg

国立の桜並木

2017/04/04
【第938回】

東京の桜、満開宣言が出たのだが、まだまだ至る所でちらつきがあり、今週週末が見所かな...桜はいつ見てもいいもんですな。ピーカンの桜、薄曇りの桜、小雨降る桜、もちろん夜桜も風情があります...この桜を見る度に、今年もこうやって春を迎えることが出来たことに感謝です。あと何年、こうやって桜を眺めることが出来るんだろう?なんて感傷的な気分になってきたのも年の所為かなと思いつつも、良寛和尚が詠った「散る桜、残る桜も、散る桜」のごとく桜を眺めてると、生死を忘れしなやかに穏やかに自然に身を任せ生きることを指南してくれますな...

今年のアカデミー作品賞を意外な形で受賞した「ムーンライト」観てきました。これと言ったストーリーもなく淡々と時間が流れていくのだが、黒人俳優の素に見える演技力に脱帽。演技とはなんぞや?と思わせる表現と、その表情を決め細かくえぐり取った監督の思いに拍手を送りたい。こんな低予算で地味な作品に賞を贈るアメリカの良心もいいですな。明らかにトランプ大統領を意識してるのは分かるのだが、こうやって全世界に訴えるだけの求心力がまだまだ残っている多民族国家の良さを改めて感じます...それに比して、なんじゃらほいの我が日本。日本アカデミー賞の選定基準の甘さったらありゃしませんがな...何もかもがお上のお顔を伺いながら物事を進めていく日本システムにうんざりしながら手を打てないこのニッポン。教育勅語が教科書に掲載されるなんてまさか!いやまさかじゃありませんことよ...

938.jpg

神田川の桜

2017/03/31
【第937回】

今日は床屋さんの話です...おいらが最近行き始めた浜田山の小さな理髪店。鎌倉街道を通ったときにふと見つけたお店です。おいらは、それまでずっと美容院に通っていました。もともと、あまりヘアースタイルのことは気にする方ではなかったのですが、ある方から一髪、二化粧、三衣裳って言葉があるでしょう...なんて言われたもんで、美容室に行く事に相成りました。モダンでスマートで流行をいち早く取り入れ競うように若き美容師達が張り切ってる姿は良く分かるのだが、何となくしっとりとした床屋さんがないものかと思ってた時に見つけました。直木賞を受賞した荻原浩さんの「海辺の理髪店」をふと想い出してしまいました。海辺の一本道を古いバスが走り、昔ながらの青々とした田畑に田舎でよく見かける境内まで長々と続く神社の階段、何十年前に描かれた色褪せた文字の看板がかかる商店街・・・おいらが過した少年時代の心象風景を彷彿とさせる土地で、淡々と語る理髪師の言葉がココロに染み渡る佳作の逸品です。トム・プロジェクトでも15年前に上演した「子供騙し」も似たような話でした。東北南三陸で床屋を営む緒形拳演じる老理容師が、己の身の上を語り人生の哀歓を見事に表現した舞台でした。床屋さんには様々な人生を背負い込んだ人達が集まってきます...そんな人達を椅子に座らせ、鋏と手を動かしながらも、じっくりと観察する日々を営みにしている理容師は、人生の酸いも甘いも知って いる人生の達人かも知れません。調子に乗って、ちゃらちゃらお喋りしていると、お髪同様、魂まで刈り取られますぞ...ご用心。

937-1.jpg

937-2.jpg

浜田山の名理髪店

2017/03/29
【第936回】

明後日から、いよいよプロ野球が始まります...おいらにとっては野球に時間をとられ、その他の仕事、趣味の時間が失われる時期でもあります。あんな棒きれで球を打って、やれヒットだアウトなんぞで一喜一憂してる戯れ事ににうつつを抜かしてること自体が馬鹿馬鹿しいとは思いますが...でも、これがなかなかお去らばできないんですから困ったもんでございます。これはキヨシ少年が博多で目にした西鉄ライオンズの記憶が未だに鮮明に刻まれているからです。あの日あの時のライオンズはおいらにとっての生き甲斐でもありました。上京してからもライオンズを追っかけてるんですから、こんな熱烈愛は、ほとほと飽きっぽいおいらも不思議でなりません。もうそろそろライオンズから手を引こうとしても、獅子の魔力についつい吸い寄せられて日々勝敗の行方が気になって仕方がないんですな...最近のチームのだらしなさに呆れかえり、もうどうでもいいやとやけのやんぱちになる時もあるんですが、ついつい期待しちゃうんですね。キヨシ少年、未だに野球選手になりたかった事への未練があるのかな?どちらかというと、すっぱりと過去のことは忘れちゃう方なんですが...でもね、人生ひとつぐらいは命尽きるまで拘り続けるものがあってもよござんしょ!いまだに、少年のような夢見心地でいられるのもライオンズのお陰かなとも思っています。夢とロマンが希薄になったこの時代に、こんなに夢中になれるものがあるだけでも幸せかもしれませんな...ところで今年のライオンズの優勝はあるのかな?

936.jpg

お待たせ!

2017/03/27
【第935回】

なんだか昨日今日と寒が戻ってきた感じですね...昨日で無事「萩咲く頃に」千秋楽を迎えることが出来ました。1月12日からスタートした公演で計38ステージの長丁場でした。キャスト、スタッフ事故もなく、この時期一番の恐れインフルエンザも免れ、なんとか最後までステージを勤めることが出来ました。これは、やはりこの芝居に賭ける気持ちの張りが弛むことがなかったんでなかろうかと思います。今尚、厳しい環境にある人達、前に向かって奮闘してる人達のことを思うと心身ともにしゃっきっとしますばい...おいらなんか風邪引いてしまい肩身が狭かですばい...いやいや、おいらが皆さんの厄を引き受けて何事もなかったんですぞ!と相変わらずのポジティブシンキングで納得しております。

先週の土曜日は本番中にも拘わらず、大宮演劇鑑賞会第11回通常総会の記念講演に行って参りました。首都圏演劇鑑賞会の中でも活発な活動をされてる団体なので、おいらも緊張しながら会場に向かいました。大宮駅前にある大宮ソニックシティには沢山の会員さん達が集まり、活発な意見が交わされていました。いよいよ、おいらの持ち時間1時間の講演。大体の内容は決めては居たんですが、なにせおいらの波瀾万丈の人生エピソードが多すぎて、ついつい横道に入り込み、こりゃまずいと演劇の魅力を語るのだが、又もやおもろい話で笑いが起こるとついつい引っ張られ...でも、考えてみれば、おいらの生き方そのものが演劇的なるものであって、堅苦しい演劇論を語るよりも、おいら自身の等身大をさらけ出す事の方がより説得力があるのではと思う次第でございます。

総会を終え、近くのフランス料理店で美味しい食事をご馳走になりました。15名の大宮演劇鑑賞会の理事さんに囲まれ、おいらはハーレム状態でございました。今年の10月には「萩咲く頃に」大宮演劇鑑賞会の上演が決まっています。又、皆さんに会えることを楽しみに、おいらもボチボチ楽しみながらいきまっせ...

935.jpg

大宮演劇鑑賞会 理事の皆さん

1